【体験談あり】失敗して分かった「職場の探し方」とお勧めの転職サイトまとめ

aあ

定時で帰りたい。もっと休みたい。

先輩怖い。仕事に行きたくない。

a

『看護師は毎年「約10万人」が転職する』

と言われてます。

それだけ職場に悩む人が多い。


もし転職したくても「お礼奉公」が終わってなければ、まずは異動した方が良いです。

病棟が変わるだけで、仕事の負担も人間関係も全然違います。

私も異動したおかげで、何とか奨学金の期間を耐え抜きました。そして、お礼奉公が終わったタイミングですぐ辞めました。

精神的に限界を感じてるなら、無理しない方が良いです。

2年も3年もブラックな職場で働くと、人のメンタルは簡単に潰れます。

働く環境でプライベートまで影響します。

転職で条件の良い職場を選ぶためには、事前の準備と対策が大切。

職場を探し始める時期も重要です。

私は転職直前までダラダラ過ごし、焦りながら探して失敗した経験があります。

この記事は、

可能な限り対策をして、運任せの『転職ガチャにしないための方法』まとめです。

まずは転職サイトの特徴から見ていきます
aああs

転職サイトの特徴

◎おすすめ転職サイト

▶️ 1位 【看護roo】
迷ったらまずはここから探してみる

▶️ 2位 
いつでも連絡できる24時間対応

▶️ 3位 
逆指名制度で求人を確認してもらう


3つとも厚生労働省の認可を受けている大手の会社です。

相談から就職サポートまで完全に無料対応なので、安心して利用する事ができます。

病院はもちろん、病院以外 (クリニック、介護施設、訪問看護、美容クリニックなど) の求人も探す事ができます。

それぞれ特徴が違うので、

「自分ならどこを選ぶか」を考えながら見ると、イメージしやすいと思います。

1位 看護roo

有名な転職サイトなので、名前くらいは聞いた事があると思います。

勤務表アプリの「ナスカレ」や、国試の問題集アプリも有名です。

イラストも人気で、Twitterのアイコンでも多くの人が利用していますね。


看護rooの印象は「細かい条件に応じた求人を紹介してくれる」こと

他の転職サイトで「今は条件に合う求人がありません」と言われても、看護rooは色々な求人を紹介してくれる事が多かったです。


連絡方法は電話、メール、LINEどれでも可

LINEはメールより気軽にやり取りできます。

年間で約2万人の看護師が利用しており、私の友人やフォロワーさんも看護roo経由で転職している人が多いです。

利用満足度96.3%【看護roo】

2位 看護のお仕事

ここも有名な転職サイトです。

転職以外にも、仕事の疑問をQ&A形式で紹介する「ハテナース」などがあります。

特徴は「24時間の電話対応」していること

他の転職サイトだと、さすがに夜中までは対応していません。

残業が多い職場だと、帰宅するのが21時や22時になる事もあります。

昼間あまり連絡する時間を確保できない人でも、時間を気にせず連絡ができます。

看護rooと同じく、電話やメール、LINEで気軽にやり取りできます。

転職活動を全面サポート【看護のお仕事】

3位 ナースではたらこ

大手の転職サイトです。

特徴は「逆指名制度」があること。

普通は会社から求人を紹介してくれますが、逆指名制度では、私達から指定した職場の情報を調べてもらう事ができます。

「気になる職場があるけど、具体的な情報が分からない!」という人にお勧め。

もちろん他の会社と同じように、希望を伝えて職場を探してもらう事もできます。

前に使った時はメールでの対応でしたが、今はLINEでも連絡が取れるみたいです。

逆指名制度で探す【ナースではたらこ】
sあ

もし苦手な人に当たったら…?

誰だって「自分に合う人・合わない人」がいます。

転職サイトの担当者によっては、苦手意識を感じる人もいるかもしれません。

何かこの人、苦手だな…


その時は、遠慮なく担当者を変えましょう

細かい希望や条件を伝えるためにも、気軽に相談できる人に変えてもらった方が良いです。
ああ

担当者の変更は簡単です。

会社にメールを送るだけで、すぐに変えてくれます。

もう同じ人から連絡が来る事はありません。

私が変更した時は、すごく親切な担当者に変わり、ストレスが無くなりました。

やはり人間同士なので感覚的に「合う・合わない」があります。

看護師も人によって印象が全然違うので、似たような感じですね。


変更になった担当者も合わないと感じたら、その時は遠慮なく退会しましょう。

他の転職サイトを使えば良いし、ハローワークに行って自分で探す事もできます。

転職サイトは登録も退会も無料なので、退会に悩む必要はありません

退会した後でも、また再登録できます。

気を使わずに相談できる担当者を探した方が、希望に近い職場を探すことができます。

いつから探し始めれば良いの?

職場探しではタイミングも重要です。

すぐに希望の求人が見つかるとは限りません。

特に「初めて転職する人」は早めに行動し、ゆっくり求人を選んだ方が良いです。

転職者が多くなるのは、

お礼奉公が終わる3月、夏のボーナス時期の6月、冬のボーナス時期の12月です。

職場を探し始めるのは「この前の時期」

多くの人は辞める2〜3ヶ月前から転職活動を始めて、退職時には次の転職先を決めています

病院側も年末の退職を見越して、

8月頃に「意向調査」をする所も多いです。

年末に辞める人が多いので、退職意向の状況に応じて、9〜10月には求人をかけ始めます。

このタイミングで探すのがお勧めです。

みんな条件の良い職場に応募するため、年末にかけて求人は少しずつ減っていきます。

残っていくのは条件の悪い職場だけ。

こうなると転職が難しくなります。

あとで後悔しても、時間は戻ってきません。

少しでも転職したい気持ちがあるなら「将来の自分」のためにも、早く行動した方が良いです
ああ

【さいごに】選択肢を増やす

会社によって紹介してくれる求人は違います。

今は2つ以上の転職サイトを利用しながら、職場を探してる人が多いです。

その方が確実に求人の選択肢と可能性が広がります。

そして、早い時期から転職活動していれば、心に余裕を持ちながら求人を比較する事ができます。

どの転職サイトも登録も退会も無料なので、有効に使いましょう。

登録は1〜2分で簡単に終わります。

転職に失敗しないためには、

なるべく早く行動し、条件が良い求人のタイミングを逃さないこと

これが一番大切です。

▶️【看護roo】
迷ったらまずはここから探してみる

▶️【看護のお仕事】
いつでも連絡できる24時間対応

▶️
逆指名制度で職場を調べてもらう

タイトルとURLをコピーしました