美容皮膚科とは?皮膚科との違いや保険は適用されるのかを解説

スポンサーリンク
美容クリニック

皮膚に悩んでいる人は多く、定期的に皮膚科を受診している人もたくさんいます。

比較的大きな都市では「美容皮膚科」というのもありますよね。

一般的な皮膚科と何が違うのか疑問を持っていたり、受診に悩んだりする人もいます。

この記事では2つの科の具体的な違いを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美容皮膚科とは?一般皮膚科との違い

①美容皮膚科

美容皮膚科とは、名前の通り「美容を保つ・改善するために治療する皮膚科」です。

そのため、皮膚のたるみやシワ、シミ・そばかすなどの症状を改善したり、肌の状態を保つための治療や注射などの施術や治療になります。

②皮膚科

一般の皮膚科の場合は、生まれつき(先天性)のアトピーや乾癬や、湿疹・皮膚炎・蕁麻疹、水虫などの症状や病気に対する治療を行います。

つまり、要約すると以下のようになります。

  • 一般皮膚科は「病気や症状の治療
  • 美容皮膚科は「美しくなるための治療(施術)」

美容皮膚科では保険は適用されるのか

お金に関する事で気になるのが「美容皮膚科では保険が適用になるのか?」という部分です。

一般の皮膚科では、保険診療のため3割負担の診察料で受診する事が出来ます。

ところが、美容皮膚科では自由診療が多くなります。

自由診療は、「クリニックによって金額設定を自由に行える」診療制度であり、クリニックや診療内容によって費用が大きく異なってきます。

当然、一般皮膚科よりも費用は高額になります。

例えば評判のよい美容皮膚科は、料金設定を高くしてもお客様が来ます。

その結果高い利益率になり、クリニック全体の設備にお金をかけ、より快適な空間を提供することができるようになります。

皮膚科と美容皮膚科どっちを選べば良いか悩む場合

女性であれば(最近は男性も)、肌荒れやニキビで悩んでいる人も多いです。

そんな時、一般の皮膚科と美容皮膚科のどっちに受診するべきか。

結論としては、現状を脱したい(症状を改善する)のであれば、一般の皮膚科で十分だと思います。

そこから、さらにキレイな肌・美しい肌を求めるのであれば、より高度な施術を施してくれる美容皮膚科に行くほうが良いです。

前述したように、美容皮膚科では費用が高くなるので、美容皮膚科に事前に金額を確認してみると良いでしょう。

自由診療なので、同じ施術でもクリニックによって値段が異なる事も忘れないようにしましょう。

美容皮膚科の利点

美容皮膚科に通う場合、「患者さん」ではなく「お客様」として対応してくれます。

そのため接遇や対応に気をつかっており、快適なサービスを受ける事ができます。

基本的に時間指定の予約制のため、待ち時間もほとんど無い所が多いです。

そういった利便性もあります。

皮膚科と美容皮膚科が併設

中には一般の皮膚科と美容皮膚科が併設されている施設もあります。

その場合、受付の際に自分の症状や目的から、診察すべき科を相談する事ができます。

そうしたクリニックの多くは、目的に応じて適切な診療科をおすすめしてくれますが、極稀に自由診療としている美容クリニックに誘導されるケースもあります。

本人が納得していれば良いですが、言われるがままに美容皮膚科を受診し、後々高額な診療報酬を請求される事になると、とてもつらいですよね。

診療科を選ぶ際は、必ず自分の判断で決めて下さい

どんなに施術を施しても、心が穏やかじゃない場合や過度なストレスは肌に悪影響ですよ。

「症状・目的・予算」

この3つを踏まえて、美容皮膚科か一般皮膚科を選ぶようにすると良いでしょう。

肌の悩みは、気分もメンタルも変えてしまうので早めに対応したいですね。

 

 

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました