ナースに人気の転職サイト比較  >>

セブ島の語学学校English Fellaの感想と留学時の失敗

留学・海外情報

一昔前は、留学というとアメリカやイギリス、カナダやオーストラリアというのが定番でした。

ここ5年間でフィリピン留学が大きく注目されるようになりました。

私は2016年の8月から12月までの4ヶ月間、セブ島のEnglish Fellaで留学をしました。

実際に留学してみた感想や、個人的に感じた大きな失敗を簡単に書いています。

DMM英会話
スポンサーリンク

English Fellaとは?

フィリピンのセブ島にある韓国人経営の学校。

学校(キャンパス)が2つあり、最初のキャンパス English fella1が2006に開校

その後、2つ目のキャンパスEnglish Fella2が2008年に開校しました

フィリピンの学校は主にスパルタ、セミスパルタ、ノンスパルタの三種類に分類されます。

スパルタ校は基本外出禁止。

セミスパルタは週末や特定の曜日は外出を許可されています。

ノンスパルタは授業が終わったら自由です。

 

2つのキャンパスと選んだ理由

English fella1がノンスパルタ校で、私が通ったEnglish fella2がスパルタ、セミスパルタ校でした。

スパルタは精神的に苦しくなりそうだったので、セミスパルタのコースを選びました。

通い始めた8月は夏休みのど真ん中。

人気の学校という事もあり、日本から大学生がたくさん来ていました。

同じ日に入学した生徒たちをバッジメイトと呼びます。私のバッジメイトは半数近くが大学生でした。

 

費用は?

授業内容や部屋の種類で値段が変わります。

私は個室を希望し、パワースピーキングコースという値段が高いコースを選んだため、余分にお金がかかっています。

だいたいトータルで1ヶ月で20万円ほどの費用になったかと思います。

詳しくはCEBU Englishの紹介ページを御覧ください

留学エージェントに見積もりを出してもらう事ができるので、興味があれば見積もり依頼をしてみると良いかと思います。

 

なぜこの学校を選んだか

正直、他の学校を選べば月10万円程度の場所もありました。

なぜわざわざこの高い学校を選んだかと言うと、講師の評判がとても高かったからです。

フィリピン人の講師は評判が大きく左右されます。

「訛りがある」

「やる気がない」

などの声も少なくありません。

もちろん、どの講師もそうだと言うわけではなく、尊敬できる講師も多いです。

English Fellaに関しては、他の学校から講師の引き抜きが来るほど、講師陣の評判が良かったのです。

DMM英会話

授業内容は?

毎時間別の講師とのマンツーマン授業が計7時間。

グループ授業が1時間でした。

私はパワースピーキングコースだったのでマンツーマンレッスンが1時間多かったのですが、他のコースであればマンツーマン6時間、グループ授業2時間でした。

 

4ヶ月の成果と感想

正直、全然話せるようになりませんでした(;・∀・)汗

何より事前準備が足りなすぎたと思います。

講師が何を言っているか聞き取れないのはもちろん、単語量や文法も明らかに不足していました。

4ヶ月のうち最初の3ヶ月は自習室で

  • 単語の暗記
  • 熟語の暗記
  • 文法の勉強
  • 定形フレーズの暗記
  • リスニング問題の聞き取り

をメインにやっていました。

 

気付きましたか?

 

全部、日本で出来ますよね・・・?

バカみたいな話に聞こえますが、これホントの話です。

3ヶ月を過ぎてようやくリスニングに慣れてきて、少しずつ理解でき、ボキャブラリーも増えていきました。

ただ、その頃にはフィリピンでの生活に「飽き」を感じ、勉強自体しなくなってしまいました。

結局そのまま4ヶ月間の留学を終了し、ワーキングホリデーのためカナダに飛ぶことになります。

4ヶ月間の生活費やビザの交付代、航空券、海外旅行保険などを合わせるとトータルで100万円以上使いました。

結局得られたものは

「少し聞き取れるようになったかな?」

という程度のもの。

勉強しないで行った自分を本当に呪いました

もしこれから留学を考えている人は、私と同じ過ちだけはしないでくださいね(^^;)

その後、日本人が居ないカナダのレストランで働いた事で、会話力は伸びました。

あの留学費用は何だったのか…(泣)

 

伸びた人はすごい伸びた

ただ、伸びた人たちはすごい伸びました。

TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)の点数が3ヶ月で720点から960点まで上がった人もいました

(990点満点)

そのため、学校のカリキュラムや講師の教え方としては申し分ないかと思います。

点数が飛躍的に上がった生徒たちに共通していた事は、基礎学力があった事です。

私のように、

「単語もわからない」「リスニングも出来ない」

状態だと、せっかくの留学も基礎学習に多くの時間を割くことになります。

本当にもったいないです。

 

まとめ

とにかく準備が大切です。

結局は自分次第。

私は自分なりに勉強したつもりでいました。

しかし、実際は全くと言っていいほど学習量が不足していたので、自分の英語力を客観的に判断してくれる人が居たほうが良いと思います。

私のオススメはオンライン英会話です。

実際に使っていたのは最もメジャーなDMM英会話です。

1ヶ月程度しかやらなかったので、もっとやっておけば良かったです(ToT)

半年以上やってから留学していた人は、それなりにスピーキング力が身に付いていました。

本登録前に2回の無料体験も出来るので、留学を考えている際は是非検討してみてくださいね。

勉強しないで行くと、本当に時間とお金をドブに捨てるような気持ちになり、後悔します(;´∀`)

(経験者は語る)

DMM英会話公式ホームページ

DMM英会話
留学・海外情報
スポンサーリンク
はっしーをフォローする
スポンサーリンク
このブログを書いている人
はっしー

看護師歴6年半。北海道出身で現在は都内のシェアハウス在住。
日常生活で役に立つことや健康、看護師に関する記事を書いています。
セブ島で留学、カナダでワーホリ、アメリカ大陸を縦断した経験あり。
ツイッターもしています(^^)

はっしーをフォローする
スポンサーリンク
ナースのメモ帳

コメント