80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

看護師をしながらネットで出来るおすすめの副業ベスト3(本業になる可能性もあり)

スポンサーリンク
ネットで副業

この記事は看護師としての給料に満足していない方や、仕事の負担を減らして副業で収入を得たい方におすすめの記事です。

言うまでもないですが、看護師の仕事は本当に過酷ですよね。

急性期なら常に入院や手術、急変に備えなければならないですし、慢性期なら介護度の高い患者さんの体交などで、肉体的にも精神的にも疲弊します。

おまけに夜勤が続くと、生活のリズムがつかめないですよね。

ご家族がいる方であれば仕事に加えて、家事や育児もあり、できれば日勤だけで働きたいですよね。

もしあなたが少しでもパソコンの操作ができるのであれば、これから紹介する副業を参考にしてみてください。

職場に行ってイヤイヤ働かなくも、インターネットを利用する事で収益を出す事が可能になります。

いずれも在宅ワークで行う事ができますので、出勤時間などにとらわれずに取り組む事ができますよ。

目次を見て頂ければ、何を紹介しているかがすぐにわかります。

「自分には難しそう」と思うかもしれませんが、一つ一つ説明していくと、難しい事ではない事が分かるので、参考にしてみてください。

パソコンが使えて、ネット環境があれば誰でも始める事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師をしながらネットで出来るおすすめの副業ベスト3

看護師が資格を活かしてネットで出来る副業3選

看護師がネットで出来る副業として選んだのは以下3点です。

  1. 看護師ライター
  2. 看護師ブロガー
  3. YouTuber

【看護師 ネット 副業】

などで調べると、たくさんの仕事が検索されますが、中には「それ看護師と関係ある?」という内容も多く含まれています。

ここでは看護師の資格や経験を十分に活かした内容を1つ1つ紹介していきます。

①副業している人が多い看護師ライター

看護師ライター

まず一つ目は看護師ライターです。

名前の通り看護師として、パソコンやスマホで記事を書く事になります。

医療的な内容を取り扱う時は、間違った発信をするわけにはいかないので、慎重になって情報を念入りに調べます。

そのため、学びになる事も多く、副業として働きながら自分の知識も増やすことができます。

もしかしたら「そんな難しい事は書けない…」と思った方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

看護師ライターは医療に関係ない仕事もたくさんあります。

具体的には以下のようなライター案件があります。

  • 転職のした時の失敗や成功の体験談
  • 看護師の恋愛事情
  • 働いている病院の雰囲気や人間関係

こういった、日常や仕事での実体験での記事依頼も多数あります。

特に転職に関する実体験の案件は多数あります。

自分の体験談なら、調べたりする手間も考え込む時間も少なく、スムーズに書けそうですよね。

私も専門的な事を書く時は、情報のリサーチや精査に時間がかかってしまいますが、体験談や自分の精神論に関しての記事はスラスラ書けてしまいます。

体験談なら正解も不正解もありませんからね。

ライターの場合、締切期日ががあるため、依頼内容に沿って記事を書いて、期日を守ればOKです。

ライターについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事に詳しく書かれています。

仕事の具体的な求人や、文字単価での報酬金額も書かれているため、参考になると思います。

 

②看護師ブロガー(おすすめ)

看護師ブロガー(初心者におすすめ)

次に紹介するのは看護師ブロガーです。

私がまさに看護師ブロガーで、「ナースのメモ帳」というブログ(サイト)を運営している形になります。

ここ数年で看護師ブロガーが急増しましたね。

なぜなら需要があり、ユーザーの目に触れやすく利用しやすいからです。

みんな共感してもらいたい事があったり、病院や職場では得られない情報を得る事ができます。

また、記事を読まれる回数や人数が増えるほど広告収入を得ることができます。

副業として考えるのであれば、ここがメインとなりますね。

広告収入の種類は主に3つに分類されます。

  1. クリック報酬型
  2. 成果報酬型
  3. インプレッション報酬型

クリック報酬型

クッリク報酬型はその名の通り、記事中の広告をクリックされたら、報酬が入る仕組みで1クリック単価は1円〜数百円になる事もあります。

これは記事を読まれれば読まれるほど、クリックされる回数も相対的に増えていきます。

記事を読んでたら、途中で四角い画像やテキストの広告が張ってありますよね。

あれがクリック報酬型です。

成果報酬型

これは広告の先で、広告に関する制約があった場合に発生するものです。

成果報酬型は数百円のものから、案件によっては1件の成約で数万円のものがあります。

成果報酬型は収益性が高いため、多くのブロガー(アフィリエイター)が取り組まれています。

看護師のブログを見ていると「看護師求人サイト」の広告をたくさん見ますよね。

あれが成果報酬型です。

インプレッション報酬型

これはユーザーがその広告が目にしたら入ってくる報酬タイプです。

ブログは単価が極端に低いので、あまり収益としては見込めませんが、後述するYouTuberはインプレッション報酬型の代表例です。

動画の前や、動画の途中で広告が流れますよね。

あれがインプレッション報酬型です。

ブログは副業以外にもメリットがたくさんあります。

無料のアメブロやライブドアブログなどでも気軽に始める事ができるので、ブログは初心者にもおすすめです。

ただし、簡単に成果が出るものではないので、そこだけ覚えておいてください。

詳細は下記の記事でまとめています。

 

③差別化ができるYouTuber

看護師YouTuber

もうすっかり「仕事」として認知されるようになったYouTuber。

看護師の人数は増え続けているのに、YouTubu上で検索しても「看護師のYouTuber」はまだまだ少ない印象です。

看護師人数は年々増加しており、潜在看護師も含めて今や全国に200万人の看護師がいると言われています。

そのため確実に看護師Youtuberの需要はあるはずです。

YouTuberは山のようにいて、誰が誰だかわからないような状況になりつつありますが、人数の少ない「看護師YouTuber」であれば十分に差別化ができます。

YouTuberの収入は前述したインプレッション収入がメインですが、登録者人数が増えて認知度が高まってくると企業案件などの依頼もあります。

トップ層のYouTuberは億単位の年収があり、収入としては青天井です。

看護師のYoutuberとして最も有名なのは「関根りさ」さんですね。

登録者100万人を超える日本のトップYouTuberの1人です。

その他の看護師YouTuberは下記の記事にまとめてあります。

顔出ししていない方も多いので、知り合いにバレるのがが嫌な人は顔を出さない形で動画を投稿していく方法もあります。

ある程度動画を編集する能力が必要になりますが、全く無ければクラウドワークスなどで外注(賃金を払い他の人に依頼)する事もできます。

 

その他の趣味や特技を活かした副業

その他の趣味や特技を活かした副業

その他にも趣味や特技を活かしてココナララインスタンプ販売チャットレディアンケートモニターなどがありますが、いずれも単発的なものが多いため、あまりおすすめはできません。

今回は、看護師資格を活かしてネットで副業ができる仕事として、3つを紹介しましたが、副業ではなく本業して取り組まれている方も多数います。

それくらい収益性が高いものばかりです。

副業で収益を得たら確定申告を忘れずに

副業で収益を得たら確定申告を忘れずに

 

病院やクリニック、介護施設などで働いている人は、所属先で年末調整が行われますが、副業に関しては自分で申告をしなければなりません。

基準としては副業で20万円以上の収益がある場合は、確定申告をして税金を納なければなりません。

バレないと思って、申告漏れがないように注意しましょう。

それぞれ時給ではないため、自分の努力次第で収入を積み上げていく事ができます。

自分にあった物に挑戦してみてくださいね(^^)

「ネットが苦手だけど、病院以外で働きたい」という方は下記の記事を参照ください。

あなたに合った働き方がきっと見つかります。

 

タイトルとURLをコピーしました