80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

家が片付かない人にお勧めの本『一生リバウンドしない奇跡の3日片づけ』

スポンサーリンク
生活・趣味

突然ですが、家の中はいつも綺麗に片付いていますか?

私は数年前まで家の中が乱雑していました。

片付ければすっきりして気分が良くなるのですが、徐々に散らかっていき、翌日にはまた元の状態に戻ってしまう事の繰り返しでした。

何度も何度も片付けている時間が本当にもったいないです。

また、家の中が散らかっている状態だと、物を探すのにも時間がかかります。

勉強したり何かに集中したい時も、集中力を発揮できません。

片付けることに時間がかかったり、エネルギーを使う事は大きな損失です。

この記事では、そんなムダを解消するためのテクニックをご紹介します。

また、捨てるかどうか迷って、結局捨てられない人も多いのではないでしょうか?

そんな時に自分に問いかける魔法の言葉も紹介します。

片付ける手間と時間を少しでも減らしていきましょう。

参考書籍は、片付けアドバイザーとしてTVなどのメディアにも取り上げられている石阪京子さん一生リバウンドしない奇跡の3日片づけです。

片づけアドバイザー 石阪京子公式サイトNews Style

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは家族の理解・協力を得る

まずは家族の理解・協力を得る

家を徹底的に片づける際に重要な事は、家族の理解や協力を得る事です。

一人暮らしであればいいですが、配偶者やお子さんがいる人は、断捨離や物を動かす際に家族の理解を十分に得てください。

また動かした際は、必ず報告してあげてください。

人間関係を悪化させる原因になってしまうので本当に注意してください。

私はかなり家族に白い目で見られながら、徹底的に実家の断捨離と片付けを行いました。

徹底的に断捨離をする

徹底的に断捨離をする

家族の協力を得たら、徹底的に断捨離をしていきましょう。

本社のタイトルになっているように、基本的には三日間で家のすべての物を片付けるのを目標としています。

しかし、仕事やプライベートの予定もあるため、必ずしも三日で終わらせる必要はないと考えます。

ただし長引かせると作業効率が悪くなったり判断力が鈍るため、遅くても一週間以内で終わらせるのが理想です。

本書にも書かれていますが、片付けるスピードはかなり重要です。

モチベーションも大きく変わります。

ちなみに私は、実家の物を約1ヶ月かけて断捨離し、トータルで500kg以上の物を捨てました(;´∀`)

不用品を直接車で廃棄処理場に運んだため、毎回重量を計測しこの数字が弾き出させれました。

本当にビックリです。

いかに我が家で不用品で溢れていたかが分かります。

話が逸れましたが、取り組む時はなるべくスピーディーに行いましょう。

 

看護師の教科書は処分する?捨てるよりも売る方が絶対に良いよ!
学生時代の教科書って山のようにありますよね。 卒業したらほぼ全て使わなくなったため、私は99%の本を捨てました。 しかし、そんな教科書や参考書を「専門書アカデミー」ならで高価買取してくれます!

家に置いてある物ってなかなか捨てられないですよね。

古くなって、もうしばらく使っていないのに

  • 「これはいつか使うかもしれない」
  • 「捨てた後で後悔しないだろうか」

こんな事が脳裏に浮かんで、悩んでは捨てるのをやめ、物が溜まっていくサイクルです。

人は得る事よりも失う事を恐れるため、簡単に物を捨てられない性質があります。

これは【損失回避の法則】が影響しています。

プロスペクト理論とも言いますね。

捨てられないのは優柔不断な性格の影響ではなく、脳の性質上の問題なのです。

この記事では「断捨離をしたいけど、なかなか物を捨てられない人」向けにお勧めの方法を紹介しています。

実際にどうすれば、損失回避の法則に負けずに物が捨てられるようになるのか。

それはたった一言、自問自答をすれば良いのです。

『今これを捨てたら、また同じ物を買い直すだろうか』

という質問です。

捨てるかどうか悩んでいる服を捨てた時、後でまた同じ服を買い直すか。

もっと素敵な服や、代用できる服はありませんか?

より美しいデザインの服を買いませんか?

この質問をすると、多くの人が同じ服を買い直さない」と答えます。

捨てるかどうか迷った時は、ぜひこの質問をしてみてください(^^)

最初に取り組むべき場所はバックヤード

最初に取り組むべき場所はバックヤード

多くの人はリビングやキッチンなど、目につく場所から片付け始めます。

しかし、まず最初に取り組むべき場所はバックヤードと呼ばれる場所です。

バックヤードは直訳すると裏庭ですが、本書では押入れや、普段使わずに開けていないスペース、たくさんの物が置かれたままになっている場所のことを指します。

このバックヤードに多くの不要なものが置かれています。

また、本来必要なものであっても、忘れ去られているものが多いため、新しく買い直してしまうなど無駄な出費の原因になっています。

まずはこのスペースにある不要な物を徹底的に断捨離し、スペースを確保します。

この時点では他の物の置き場所がはっきりと決まっていません。

物は次から次へと移動していきます。

このバックヤードのスペースがないと、移動した際に置く場所がなくなってしまいます。

一時的に置いておくスペースを確保するためにも、まずは大きな場所の確保からしていきましょう。

バックヤードが終わったら、広い部屋から狭い部屋に向かって順番に断捨離をしていきます。

置き場所に困った物はいったん、バックヤードに置いておき後で考えます。

収納グッズを捨てる

収納グッズを捨てる

断捨離をしていると、どんどん収納スペースに余白ができ、収納グッズが空になっていきます。

そうした収納グッズはどんどん捨てていきましょう。

人は穴やスペースを見つけると埋めたくなる生き物です。

せっかく断捨離をしても、収納グッズが置かれたままだと、また近いうちに不要な物で埋めようとしてしまいます。

物で埋めてしまう前に、まずは収納グッズを捨てること。

不要な物を増やさないための大前提です。

各部屋に役割を与える

各部屋に役割を与える

各部屋一つ一つに役割を与えていきます。

例えば

「寝室には寝るための物しか置かない」

「リビングには普段から生活に使うもの」

「子供部屋には子供の物しか置かない」

など、とにかく役割をはっきりさせ、その部屋には他に関連性の無い物は置かないということです。

こうすることで片付ける場所が明確になり、スムーズに片付ける事が出来ます。

また、物を探す際も、関連性のある場所から探すため、見つけるのが楽になります。

一人暮らしのワンルームや部屋が少ない人は、部屋単位ではなくスペース単位で物の置き場所を区別しましょう。

こうすることで物を片付けやすく、物を見つけやすい部屋ができます。

バックスペースに一時的に置いていた物も、この時に場所を確定させて移動させましょう。

物一つ一つに住所をつくり、記録する

ここまで来ると、すでに断捨離が終わっています。

次は、より具体的な場所の設定です。

前述したように各部屋に役割を持たせました。

ここではさらに細分化し、物の一つ一つに住所をつけて記録していきます。

具体的には

「キッチンにある食器棚の三段目の右から二番目のスペースには〇〇を置く」

など細かく具体的に書いていきます。

ポイントは誰が見ても分かるように細かく書く事です。

記録の方法はノートでもいいですし、パソコンやスマホのメモ機能やドキュメント機能を使うのもいいです。

常に誰でも片付けやすく、探しやすい状況をつくることで、部屋が散らかりにくくなります。

つまり片付ける事は、探す手間を省く事との表裏一体のメリットがあるのです。

スペースは埋めすぎない事

スペースは埋めすぎない事

私達が収納や片付けの際に、ついついやってしまう事はスペースを埋めすぎてしまう事です。

前述したように、 人はスペースがあると埋めたくなってしまいますが、余分なスペースがないと、新しい物が増えた時に置き場所に困ってしまいます。

置き場所が確保されていない物は出しっぱなしとなり、部屋が散らかる大きな原因となってしまいます。

どの空間も必ず7割から8割の空きスペースを意識してください。

これは二度と散らからない夢の7割収納でも言われています。

一時保管スペースをつくる

一時保管スペースをつくる

前述までの事を実践する事で、既存の物の置き場所は全て決まりました。

しかし、実際には次から次へと新しい物が増えていきます。

この時に重要なのが一時保管スペースです。

一時保スペースを作ることで、新しい物が増えた時、住所を決めるまで置いておくことができます。

新しい物は、不要か必要かをしっかり判断します。

不要なものは確認し全て破棄する。

必要だと判断したら、物が持つ役割を考え、適切な部屋やスペースに置き住所設定をします。

こうする事で、新しい物が増えても散らかっていきません。

夜寝る前に15分間のリセット時間をつくる

夜寝る前に15分間のリセット時間をつくる

理論上は、これまでに書いてきた内容を踏まえて「使ったら元の場所に戻す」ということを実践していけば、散らかりません。

しかし、人間は信じられないくらいの怠け者です。

疲れている時は片付けるのが億劫になったり、 先延ばしをしてしまう生き物です。

さらに面倒なことに、一度散らかるとどうにでもなれ効果が働き、片付けそのものをしなくなってしまいます。

この状態を防ぐために行うことが、夜寝る前の15分間の片付けです。

本書ではこの15分間をリセットと呼んでいます。

リビング・キッチン・寝室・衣装部屋など、目に見える場所を15分間だけ片付けます。

こうすることで、翌日に目を覚ました時に見える景色が今までとは変わります。

整った部屋を見るだけで気分は高揚し、幸福感が増します。

これは、今まで片付けられなかった人ほど効果的です。

前日の15分で片付けられなかった部分は、午前中のうちに片付けてしまいましょう。

この作業も15分程度あれば結構捗ります。

たった15分かと思かもしれませんが、ソフトバンクの孫社長はじめ、多くの企業家は「15分が仕事の1単位」「15分あれば大きな仕事を一つこなすことができる」と言っています。

私たちは何かをする際に、難しく考えてしまう傾向があります。

そのため行動へのハードルが上がり、先延ばしをしてしまうのです。

まずは15分だけタイマーをセットして実施するだけで、思っていた以上の仕事量をこなすことができます。

難しく考え過ぎず、まずは始めてみましょう。

やる気は後から出てきます。

まとめ

断捨離まとめ

家の中を片付ける事は、多くの人にとっての悩みや課題のようです。

石阪さんのような「片付けアドバイザー」という仕事があること自体に私は驚きました。

断捨離や片付けは幸福度を上げ、人生の時間も増えるため、是非実践してみてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました