80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

花粉症で起きるモーニングアタックの止め方と対策

スポンサーリンク
花粉症

多くの花粉症の人悩まされる朝のつらい症状。

朝から強い鼻炎の症状で起きるのはそれだけでストレスですよね。

正式に名前が付いていてモーニングアタックと言われています。

この記事ではモーニングアタックの原因から止めるための対策、予防や改善薬の紹介などをしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モーニングアタックとは?

モーニングアタックとは?

モーニングアタックとは、起床時に、花粉症などのアレルギー症状が非常に強く現れる症状のことを言います。

花粉症やアレルギー症状が最も強いのが起床時だと言われています。

そのため、起床時に強い不快感と苦痛を伴います。

花粉症に限らず、ばね指などもモーニングアタックが起こります。

また、モーニングアタックとは多少異なりますが、咳が止まらない時なども朝方に欠けて増悪する傾向があります。

くしゃみ、咳、鼻炎、鼻水などの症状

咳、鼻水、くしゃみ、鼻炎などの症状

主な症状としては、くしゃみや咳(せき)、鼻炎や鼻水などのアレルギー症状が起こります。

モーニングアタックの原因

モーニングアタックの原因

少し難しい話になりますが、人間の自律神経には交感神経と副交感神経があり、活動時は交感神経優位となり、寝ている時やリラックスしている時は副交換神経が優位となります。

起床時は、自律神経が副交感神経優位から交感神経優位に切り替わるタイミングですが、その際の切り替えがうまくいかないと、鼻の粘膜が神経過敏になってしまい、急激なアレルギー症状を引き起こす事があります。

交感神経は、血管を収縮させ、くしゃみや鼻水を抑えますが、目覚めてすぐはまだうまく働かないため、くしゃみや鼻水などの症状につながります。

これがモーニングアタックの原因と言われています。

モーニングアタックの止め方と対策

モーニングアタックの止め方と対策

目覚めてすぐにストレスを感じると、それだけで1日憂鬱な気分になるので、なんとしてでもモーニングアタックを回避したい所ですよね。

モーニングアタックを止めるための対策としては、副交感神経から交感神経の切り替えを、身体に負担をかけないようにするのが効果的だと言われています。

具体的には、目が覚めてもすぐに布団から起き上がらずに、少し時間をおいてからゆっくりと起き上がり、朝日を浴びて体内時計をリセットするなどがモーニングアタックの止め方や対策として、有効だと言われています。

空気清浄機やマスクで予防

空気清浄機やマスクで予防

自立神経の切り替え以外の原因として挙げれるのが、寝ている間に布団や床の上に積もった花粉です。

朝起きて布団から出た時に、花粉が空中に舞い上がり、それを吸い込むことでモーニングアタックが起こりやすくなるといわれます。

室内は空気清浄機を使って花粉を除去するようにし、起床後すぐにマスクを着用するなどの対策が有効です。

小さな子どもが花粉症だと、家庭内の花粉には特に気を使いますよね。

モーニングアタックが続くようなら病院受診を検討する

モーニングアタックが続くようなら病院受診を検討する

アレルギー性の反応なので、病院を適切な治療や指導を受けたり、薬を処方してもらもいましょう。

対処薬として抗アレルギー薬のアレグラなどが有名で、ドラッグストアで市販薬としても購入する事ができ、スプレータイプのアレルシャットなどもあります。

ただし、初めて薬を飲む人は、自己判断で購入して内服するのは避けましょう。

副作用などもあるため、病院で受診してから薬を処方してもらった方が確実です。

まとめ

モーニングアタックまとめ

朝のモーニングアタックは本当につらいもの。

自分で対策できる事に関しては、事前に予防し防ぐようにしましょう。

それでもダメなら、無理せず早めに病院に受診して医師に相談してくださいね。

 

関連記事

花粉症は何科を受診すれば良いの?子供や授乳中・妊婦さんも注意
花粉症の季節は病院も込みます。なるべくスムーズに受診をしたいですが、何科に受診をすれば良いか迷った方もいるのではないでしょうか?この記事を読めば、受診すべき科がわかります。
【注目】R1ヨーグルトはインフルエンザや花粉症に効果があるのか論文をまとめて調査した結果わかった事
インフルエンザの時期になると必ず予防として紹介されるのが、R1ヨーグルトです。予防効果は本当に実証されているのかどうかを論文まとめて調べてみました。R1ヨーグルトに疑問を持っている人の参考になると嬉しい。
タイトルとURLをコピーしました