ナースに人気の転職サイト比較  >>

優先順位は4つの領域に分け「緊急性は無いが重要な事」に時間を使う

自己理解

この記事では世界的名著『7つの習慣』の中でも最も有名な第三の習慣で取り上げられる時間管理のマトリクスに関してまとめています。

本記事は7つの習慣をまとめた時に、文字数が増えすぎたために別枠として作成されたものです。

(今後記事を統合するかもしれません)

『7つの習慣』をざっくりと要約
世界的名著で、未だに売れ続けているモンスター本『7つの習慣』 何年も前に読んだけど、忘れてしまっていた部分も多かったので復習も兼ねて簡単に要約してみました。医療現場で仕事をしていく上で重要な事がたくさん書かれているので、社会人必見です。
スポンサーリンク

4つの領域を考える

まず最初にやることは事は全てのタスクを書き出すこと。

すぐにやらなければならないこと、やろうとしていたけど忘れていたこと、やりかけていたけど中断していること、やろうかどうか迷っている事など、思い浮かぶ事や現状で明確になっている事を全て書き出します。

書き出したら、項目を4つに分類します。

①第一領域 緊急で重要なこと

第一領域は

  • 締め切りが迫った時間的期限があること
  • 災害、病気や事故の対応
  • 大切なクライアントとの急な約束や面会 など

②第二領域 緊急性は無いが重要な事

第二領域は

  • 人間関係やコミュニティの構築
  • 仕事や勉強の準備や計画
  • 健康維持や自己啓発
  • 家族や大切な友人と過ごす時間

③第三領域 緊急だが重要ではないこと

第三領域は

  • 日々の会議や報告書
  • 重要ではないメールの返信
  • 来客対応
  • 無意味な行事や会社の慣習事

④第四領域 緊急でも重要でもないこと

第四領域は

  • 待ち時間
  • テレビやネット、SNSでの浪費時間
  • 用件もない長電話
  • 暇つぶし(ソーシャルゲームなど)

人によっては上記に上げた項目が別の領域に入るものもあると思います。

最初は自分の基準で考えてみると良いと思います。

大切なのは何を優先し、何を減らしていくかです。

 

第二領域以外の事に使う時間を減らしていく

七つ習慣では「第二領域で使う時間を増やし、その他の領域で使う時間は全て減らしてく事が大切である」ということが提言されています。

著者スティーブン・R・コビィーは、時間を管理するという発想自体が間違っているとも語っています。

何かを始める時に大切なのは、やらない事を決めることだ

多くの著名人が言っているように、まずはやらない事を決める事が大切です。

  • やる事を決める前に、まずはやらない事を決める
  • 時間は管理できない。管理できるのは自分自身だけ

まとめ

何をするかと同様に、何をしないかを考えることも同じくらい重要です。

重要事項に「イエス」と言うためには、他の用事がいかに緊急に見えても、「ノー」と言うことを学ばなければなりません。

本当に自分に必要な事だけを見極める力を付けていけるようになりましょう。
自己理解
スポンサーリンク
はっしーをフォローする
スポンサーリンク
このブログを書いている人
はっしー

看護師歴6年半。北海道出身で現在は都内のシェアハウス在住。
日常生活で役に立つことや健康、看護師に関する記事を書いています。
セブ島で留学、カナダでワーホリ、アメリカ大陸を縦断した経験あり。
ツイッターもしています(^^)

はっしーをフォローする
スポンサーリンク
ナースのメモ帳

コメント