ナースに人気の転職サイト比較  >>

仕事を辞めるのは逃げる事だと思ってる?看護師はどこでも働けるよ

スポンサーリンク
ナース関連

仕事をしていたら、身体的にも精神的にもつらくなって辞めたくなる時がありますよね。

昔同僚に

「今辞めるのは逃げるだけ。この先も逃げ続ける事になるよ!」

と言われて事があります。

 

本当にそうでしょうか?

 

現状から離れる事は逃げる事でも何でも無いと思います。

自分の身や心を守ることが第一で、自分に合った職場を見つける事が第一優先だと考えています。

 

スポンサーリンク

辞める事は逃げる事でも負ける事でもない

他の記事でも何度か書いていますが、病棟の雰囲気は悪い所が多いです。

それは女性の職場特有のものであったり、患者さんの命を預かっている現場など様々な要因が挙げられます。

 

なぜナースステーションはあんなに雰囲気が悪いのか論理的に考察してみた
私は約7年間病院で看護師をしています。 看護師をしていると、よく感じるのが「病棟の雰囲気が悪い」という事。 なぜあんなに雰囲気が悪いのか…(;´∀`) 職場の雰囲気が悪い事に悩んでいる人や疑問に思っている人もいるのではないでしょうか

 

しかし、そこで無理を続けると、確実に壊れます

実際にうつ病などの精神疾患などで休職する看護師が後を絶ちません。

無理をしていると確実に心が病んできます。

 

看護師はどこでも働ける

どこの病院も人手が少ない現状が続いています。

前述のように無理を続けた結果、心身共に体調を崩し休職したり、退職してしまう状態が続いてしまうからです。

現状では70万人以上の潜在看護師がいると言われています。

潜在看護師とは、看護師資格を保有しているが現場で働いていない人の事を指します。

これだけ多くの人が職場を離れたら、職員が不足するのも無理ないと思います。

 

そのため
首都圏の病院を除けば、どこの病院も比較的採用されやすいという現状が続いています。

「何度も転職しているから、採用されないんじゃないか」

と過度な心配をする必要はありません。

 

転職理由や経験年数にもよりますが、根気よく探せば必要としてくれる職場を見つけることができます。

 

潜在看護師の人数が70万人! 世界一病院が多い日本の看護師事情
日本には200万人以上の看護職員(保健師・助産師・准看護師含む)が居ると言われています。 しかし、3割以上の看護師の資格を持っているのに働いていない現状です。こうした看護師は潜在看護師と呼ばれ、全国で推計71万人いると言われています(2012年調べ)

 

看護師はいつでも働ける

私はカナダのワーキングホリデーを中心に海外に住んでいた時期があったため、2年間全く看護師として働いていませんでした。

しかし帰国後、東京の病院に面接に行くと4つの病院の面接を受けて、そのうち3つで内定をいただきました。

 

ブランク期間の理由にもよりますが、2年程度であれば全く問題無いと思います。

もし理由の説明に困った場合は、転職会社の担当者にブランク理由をどう話すか、一緒に考えてもらうと良いと思います。

彼(彼女)らは転職や面接のプロです。

 

私も「こんな質問をされたら、どうすれば良いですか?」と何度かアドバイスを求めた事がありますが、的確で丁寧な返事の仕方を教えてくれます。

5年以上のブランクがある場合などの伝え方も教えてくれたりするので、長期のブランクでも安心です。

 

注意点

ただし、1年間で3〜4回転職してるなど

あまりにも転職回数が多いと、さすがに病院側も慎重になります。

本人なりの理由があったと思うので

病院にするべきか、思い切って別の職場を考えてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

ただでさえ、看護師は夜勤があり体調を整えるのが難しいです。

そんな状況で長期間ストレスにさらされていると、思考力も判断力も低下してしまいます。

「つらい」「苦しい」と思った時はそれは自分からのサインです。

その時にすぐに行動を起こした方が良いです。

 

せっかく手に入れた資格。1つの環境で我慢する必要はありません。

 

情報だけでも集めておくことで、限界が来る前に決断する事ができます。

周囲に相談できる相手が居なければ、転職アドバイザーに相談してみても良いと思います。

 

何にせよ無理だけはしないでください。

ナース関連
スポンサーリンク
はっしーをフォローする
スポンサーリンク
このブログを書いている人
はっしー

看護師歴7年。北海道出身で都内在住。
日常生活で役に立つことや健康、看護師に関する記事を書いています。
セブ島で留学、カナダでワーホリ、アメリカ大陸を縦断した経験あり。
ツイッターやFeedlyをフォローしておくと、ブログの更新情報を受け取る事ができます。

はっしーをフォローする
スポンサーリンク
ナースのメモ帳

コメント