80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

看護師が転職する時の9つの理由

スポンサーリンク
看護師あるある

看護師は比較的転職しやすい職業です。

なぜなら、どこの病院も慢性的な人出不足にあえいでいるからです。

転職しやすい故にスタッフの流出も多く、人員の確保が難しいのです。

2014年に行われた看護職員の労働実態調査によると、全体の看護師の75%以上が仕事を辞めたいと思っているようです。

 

この記事では看護師が転職を考える時や実際に転職する時の具体的な9つの理由を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.人間関係の問題

なんといっても人間関係の問題が1番です。

ここでは大きく分けて2つにしました。

パワーハラスメント

前述の労働実態調査によると、看護職員の4人に1人がパワハラを受けた経験があると言っています。

しかし実際には、もっと多いと感じてます。

1年目2年目の若い看護師は「自分が経験年数が少ないから」「まだ未熟だから」と我慢している傾向が強く感じられます。

◎関連記事

噂話や男女間のトラブルが耐えない

女性スタッフが多い職場なので仕方ないかもしれませんが、とにかく男女間の噂は絶えません。

そして、ちょっとした事でもすぐに病院全体に広がっていきます。

こうして働きにくくなって辞めていく人も多いです。

 

2.仕事の環境や業務量

人出が足りない

前述したように、どこの病院も人手は足りません。

どこでも働けるという強みはありますが、どこの病院も忙しい環境になってしまいます。

人手不足は深刻で、夜勤の回数も必然的に増えていきます

夜勤が増えれば増えるほど、心身に負担が増え、また退職してしまうという悪循環もあります。

忙しくなればなるほど、病棟の雰囲気も悪くなっていきます。

◎関連記事 

その他にも下記のような理由が挙げられます。

  • 残業が多すぎる
  • 急変が多すぎる
  • 即入が多すぎる
  • 雑務が多すぎる
  • 重労働が多すぎる

3.業務以外での時間外労働が多すぎる

病院で働いていると、とにかく業務以外での時間外労働が多いです。

具体的には、勉強会や委員会が多すぎます。

自分の興味のある勉強会などは良いですが、そうじゃない場合も半強制的に参加させられる実態があります。

多くの場合は、勤務時間外に実施されるため、必然的に残業となります。

記録や処置が残っている場合は、勉強会や委員会から戻ってきてから、再度業務に戻らなければなりません。

これに加えて、ケーススタディや看護研究なども加わってきます。

私は本当に苦痛でした。

 

4.まとまった休みが取れない

不定休故に、まとまった休みが取れない病院が多いです。

特に人出が足りない病院は年休も取ることが難しいです。

私が東京で働いた病院は、職員の前年度の有給取得率がなんと0%だったのです。

信じられないことかもしれませんが、こういった病院もまだまだ多いようです。

 

5.給与への不満

看護の仕事は責任が重く、精神的にも肉体的にも負担が大きい仕事です。

しかし、同じような時間や仕事量でも、病院によっては給料が全く異なります。

また「仕事の負担は減ったけど、給料は増えた」というケースも往々にしてあります。

間違っても「今の職場が全て」だと思わないようにしてください。

 

6.医療への不安や自己嫌悪

自分にミスが続いたり、成長を感じられないと自己嫌悪に陥ります。

小さなミスが大きな医療事故に繋がる現場なので、看護そのものが怖くなり、転職する方も多くいらっしゃいます。

 

7.コミュニケーションが苦手

実際働いてみるとわかりますが、コミュニケーションが苦手な看護師はたくさん居ます。

基本的に人と関わるのが仕事ですが、コミュニケーションが苦手だと、毎日苦痛を感じてしまいます。

直接的に人との関わりが少ない仕事や職種に転向される方もいます。

 

8.結婚や妊娠・出産

女性が多い職場なので、ライフスタイルの変化に伴い退職される方が多いです。

ただし、配偶者の都合に左右されない方で辞める場合は、あくまでタイミングの問題。

「結婚する・出産する」という退職しやすい理由が出来たため、退職していくケースも多いです。

良い職場であれば、残る人は必ず残ります。

 

9.スキルアップ

看護師には多くの働き方があります。

診療科だけでも、外科や内科、循環器、整形など多数あり、勉強する内容も看護する内容も異なります。

病院以外での働き方も多様化してきており、最近はフリーランスのナースが増えてきています。

 

◎関連記事

 

まとめ

とにかくストレスフルな職場なので、自分に合った働き方をしっかり探し、見極める事が大切です。

転職サイトを使う場合は、とにかく条件を絞ってもらい、妥協しないようにしましょう。

◎関連記事

何度も転職に失敗した私がようやく見つけた【転職の成功法則】とは?
私は転職の度に失敗と後悔を重ねてきました。この記事では私のように失敗を繰り返してほしくないため、転職ノウハウの全てを書き…

 

タイトルとURLをコピーしました