80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

ナース服に隠された四次元ポケットの中身を紹介。看護師1年目は必需品を確認しよう

スポンサーリンク
看護師1年目

看護師は常に多重業務に追われています。

毎回ナースステーションに戻っていると、時間の使い方が不効率となるため、常にポケットの中に最低限の必需品を備えています。

そのためナースのポケットは【四次元ポケット】と呼ばれています。

本当に「ドラえもんか!」ってくらい色んな物が入ってます(笑)

この記事では、そんな四次元ポケットの中身を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①三色ボールペン

必ず必要になるのが三色ボールペンです。

電子カルテが普及してきたとはいえ、何かと書き物やサインをする場面が多く、三色ボールペン(または四色)は必須です。

1番人気はジェットストリームのボールペンです。

スラスラ書けるので、文字を書くのにストレスがありません。

②マッキー(ノック式)

ボールペンと共に重宝されるのが、マッキー(油性ペン)です。

これまた、何かと使います。

そしてこいつが厄介なのです。

ポケットに入れておくと、知らない間にキャップが外れ、白衣が黒ずんでしまったりすることがよくあります(^_^;)

そんな心配を打ち消してくれるのが、ノック式のマッキーです。

これならキャップが外れたり、液漏れしてくることがありません。

ナースやケアスタッフに人気の高い商品となっています。

③印鑑

これが無かったら仕事にならないくらい重要なアイテムです。

病院で仕事をしていると、責任の所在を明らかにするために1日に何度もサインをしなければなりません。

手書きでも良いのですが、非常に面倒であり時間もかかります。

そのため、印鑑の携帯が必須となります。

キャップレスタイプの印鑑がお勧めです。

④ハサミ

テープ類をカットしたり、何かと登場頻度が多いのがハサミです。

保護キャップが付いている物や、伸縮用のストラップが付いているものが便利です。

ハサミは紛失すると危険物になるので、100円で売っているものでも良いので、必ずストラップをつけてくださいね。

⑤ペンライト

夜勤をするスタッフや脳外科勤務であれば必須です。

急変時に備えて、瞳孔計がついているペンライトを持っていると便利です。

夜勤専用では、首に掛けるタイプが人気です。

両手がフリーになるので、明かりを照らしながら両手で作業できます。

⑥ペンケース

ボールペンやマッキー、印鑑、ペンライトなどを一括管理するアイテムとして使われるのがペンケース。

人によってはゴツいペンケースに数えきれないアイテムを忍ばせています。

ペンケースのメリットは、一つ一つの物がバラバラにならない事や、ボールペンやマッキーなどのペン先を閉じ忘れた時に白衣の汚染を防ぐ効果があります。

⑦メモ帳

当ブログのサイトタイトルとしても使われているメモ帳です。

めちゃくちゃ重要ですが、正直書ければ何でも良いと思うので、100円ので良いと思います(笑)

最近では、ナースやケアスタッフ向けの「ウェアラブルメモ」という物もあるようです。

⑧電卓・タイマー

時間指定のある点滴などでは、滴下計算をしたり、終了時間に合わせて点滴を交換するなどの作業があります。

昔は電卓とタイマーをそれぞれ別に持っていましたが、今は一体型の物が多くなってきました。

タイマーだけなら、バイブに切り替える事が出来る小型の物がお勧めです。

バイブにする事で夜勤の時も使えます。

⑨ナースウォッチ

効率的に仕事をこなせるようになるためにも、時間の確認は必須です。

⑩駆血帯

採血や点滴のための血管を確保する際に使う駆血帯。

昔はゴム製の「いかにも!」という感じの駆血帯ばかりでしたが、最近ではサスペンダー式の駆血帯が増えてきました。

カラフルなものが多いです。

⑪ハンドクリーム

「看護師は手を洗うのが仕事」とも言われるくらい、一日に数えきれないほど手を洗ったり、消毒薬を使います。

そのため、手荒れを起こしやすくなり、1年中かゆみや痛みと戦っている人もいます。

皮膚が弱い人はポケットサイズのハンドクリームを常備しておくと良いでしょう。

⑫リップクリーム

病院の中、特に夜勤中は乾燥します。

唇も乾いたり、荒れやすくなるためリップクリームを常備している人も多いです。

⑬ポアテープ

毎回ナースステーションまで戻るのが面倒なので、病棟で常備されているテープをポケットに入れておくと便利です。

⑭酒精面

これも病院で常備されている小型タイプの物をポケットに忍ばせています。

点滴の連結や、細かい汚れを拭き取る時に便利です。

まとめ

人によってはペアンパルスオキシメーターステート(聴診器)などもポケットに入れています。

新人ースなどはポケットサイズの検査ブックや処置マニュアルなども忍ばせています。

「どんだけ物が入ってんだよ」って感じですよね。

細かい物品を挙げればキリがないですが、とにかくたくさんの物が入っています。

四次元ポケットと言われるのも納得です。

あまり多くなりすぎても、重くて動きにくくなるので、自分の科の特性に応じて必要な物だけ持つようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました