看護師・介護士は退職代行を使ってブラックな病院や職場を抜け出そう

スポンサーリンク
看護師を辞めたい

2018年に注目を集めている「退職代行サービス」をご存知ですか?

基本的に「退職の有無」は個人の権利です。

にも関わらず、企業側の圧力や周囲の目を気にして自力で退職できない方向けのサービスです。

当初は「こんなサービス成り立つの?」と思いましたが、代行サービスを運営する会社によっては、月に300件も退職代行の依頼が来るそうです。

いや、ホントに驚きです。

医療現場(病院や施設)でも、退職を申し出てもなかなか辞めさせてくれない所が多いですよね。

「今辞められたら困る」

「4月に新職員が入ってくるから、それまで我慢して」

「スタッフが足りないのわかってるよね?」

などなど、様々な理由を付けられて退職を受理してもらえません。

実際にこのような事を言われた経験がある方も多いのではないでしょうか?

そんな人向けの退職代行サービスのご紹介です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

退職代行の主なサービスとその仕組み

退職代行の主なサービスとその仕組み

主に退職の手続きや連絡を代行してくれるサービスです。

 

◎どんな人に向いているか?

  • 会社を辞めたいけど、上司や同僚の目が気になる人
  • 明日にでも会社(病院など)を辞めたい人
  • 上司が退職を受理してくれず保留状態にある人

人によっては「退職するだけなのに、なんで金払って業者に委託するの?」

と思われるかもしれませんが、慢性的な人手不足に陥っている病院は簡単に辞めさせてくれません。

(おそらく労働基準監督署に行けば解決するかと思いますが、わざわざ監督署に行くのも話をするのも大変でしょう。もしかしたら知らない人も…)

面倒な事を全て丸投げにして、サクッと退職できるのが退職代行です。

メール1通で申込みができます。

(後述しますが、会社によってはLINEでも可)

 

主な退職代行サービス

主な退職代行サービス

有名どころは下記3社で知名度順に記載しています。

最も知名度があるのは「EXIT」です。

退職代行の先駆け的存在であるため、テレビや雑誌、ネットニュースで取り上げられる機会が最も多いのです。

最も安いのが「SARABA」です。

正直、代行手続きに関しての手順はどこも大きく変わりありません。

代行手続きの流れとしては

  1. 申し込み(電話・メール・LINEなど会社に準ずる)
  2. 申込み完了後、ヒアリングシートを記入(会社情報・本人情報)
  3. ヒアリングシートを元に、会社に連絡

知名度があると言っても、このサービス自体がまだまだ新しいものです。

有名だから選ぶのも良し。

安いから選ぶのも良し。

一通り口コミを調べてみましたが、特に安いからと言ってトラブルの報告もありません。

どこの会社も同じように手順を踏んでいるわけなので、偏りは出ないようです。

即日退職ができる

即日退職ができる

どの会社も共通しているのは「即日退職できる」という事です。

つまり

「もう今日で辞めます。さようなら」

という事が可能なんです。

・・・!!!

「それって社会人としてどうなのよ?!」

「労基法的には退職2週間前には言わなきゃいけないんでしょ?」

そういう声が必ず飛んで来ます。

やはり民法の規定上は、2週間前に告知する必要があります。

しかし、本人が当日から出勤しない(欠勤ではなく永遠に出勤する意志が無い)のに、会社は社会保険料を負担することになるため、即日で退職が認められる形となるそうです。

そもそも、即日辞める事に対して「あ〜だこ〜だ」と言う人達がたくさん居るような職場だからこそ、このサービスが成り立つのです。

会社のインタビュー記事を読みましたが、ナースや介護士、営業関係の方の利用率が高いようです。

退職代行はメールやLINEで申し込める

退職代行はメールやLINEで申し込める

職場で疲弊しきっている人は、電話をするエネルギーすら無い人も居ます。

そういう体験をした事が無い人には信じられないかもしれませんが、本当に電話をかける気力や勇気さえも出ないのです。

ブラック労働から抜け出せない人たちの多くは、こうした状態から身動きが取れないのです。

それでもスマホでLINEくらいなら出来そうです。

退社代行「SARABA」では電話するハードルを下げ、LINEで申し込みができるようになっています。

バイト4日分でサヨナラできる

今回は1番値段が低い「SARABA」で考えます。

初回の申込みから追加料金無しの30,000円で完結です。

(他の知名度が低く情報の少ない会社は、後から追加料金を取ることもあるので要注意)

もし仮に職場に退職を申し出て「新人が入るまであと3ヶ月」などと言われると、90日間も現状に我慢する必要があります。

これを読んでいる人たちは「今すぐ辞めたい」が多いと思います。

前述したとおり、退職代行なら面倒な上司や同僚とのやり取りをなくし「即日退職」できます。

3万円は掛かってしまいますが、時給1000円のバイトで8時間✕4日間働けば取り返せる金額です。

90日間いまの環境で我慢するか、4日バイトを我慢するかの違いです。

精神的に追い込まれているのであれば、これから90日我慢するのは心身ともに壊れてしまいます。

まとめ

長くなったので記事の要約をします。

  • 退職代行サービスが急増している
  • 3〜5万円で、即日会社(病院)を退職できる
  • 上司や会社との面倒なやり取りを丸投げする事ができる
  • 誰にも相談できない悩みを解決することができる
  • 過酷な職場なので、本当に自分を最優先に考えるべき

地方の病院では、ナースやケアスタッフの人出不足は深刻です。

ただし、そこで無理をして仕事を続けてしまうと、体調を崩したりメンタルが落ち込む原因となってしまいます。

事実、精神疾患を抱えて通院している医療スタッフも珍しくありません。

たたでさえ、夜勤があったり過酷な職場環境なので、本当に無理はしない方が良いです。

まずは自分の事を最優先に考えてください。

 

・大手主要3社

コメントフォーム