80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

保育園で働くなら看護師の役割を理解しておこう【重要】

保育園で看護師

看護師は資格を活かして働ける場所がたくさんあります。

病院以外の職場を思い浮かべた時に、介護施設や訪問看護などを連想する人が大半ですが、実際に看護師が活躍している職場はたくさんあります。

転職先の中でも人気の職場が、保育園や幼稚園での勤務です。

ブランク明けでも採用している所も多く、産休明けのママさんナースに人気です。

保育園では、園児への対応などを学ぶことで、自分の子供を育てる際の参考にもなりますね。

保育園で働く看護師は保育士と共に園児の保育に携わったり、健康管理や保護者への説明など仕事や役割は多岐に渡ります。

この記事では、保育園や幼稚園で勤務する看護師の具体的な役割を紹介していきます。

保育園看護師の仕事内容

看護師の役割を理解するためには、まず仕事内容から見ていく必要があります。

看護師の仕事内容は多岐に渡ります。

看護師として、園児のケガの処置や急変時の対応、健康・衛生管理、薬の管理はもちろん、保護者への説明や保健だよりの作成、日常の保育まで関わります。

保育業務と看護業務に加えて、事務作業もあるため、最初のうちは慣れないかもしれません。

病院に比べると医療行為が少なくなるため、精神的な負担は少なくなりますが、最低限の応急処置や対応力は必要です。

特に乳幼児は自分で症状を訴えられない事もあるため、異変の察知や観察力が必要となります。

アレルギーは、事前に確認しておく事はもちろん、発達段階に従って発症する事もあるため、注意深く観察する必要があります。

保護者への対応などの関わりが増えてきます。

仕事内容の詳細は、下記の記事にまとめています。

 

保育園看護師の役割

仕事内容を見てみると、看護師の役割が大きい事がわかりますよね。

保育園での看護師は健康管理者として役割があり、看護業務だけでなく、保育業務も行う必要があります。

病院と違い、基本的には健康な園児の対応をすることが多いため、病気のケアよりも病気の予防が大切になります。

特に病院とは違い、看護師の配置基準が1つの園に対して1〜2人程度の場所もあります。

そのため、看護師の役割と責任はとても大きなものになります。

必要に応じてスタッフの相談相手となり、メンタルケアやサポートしていく事もあります。

保育園で働く看護師の役割は主に以下の通りです。

  • 健康管理者(感染を広げない)
  • 保育者(保育士)の一員
  • 病気や感染の予防と指導
  • 保護者への説明や健康指導
  • 職員ほの健康指導・管理
  • 感染状況の把握と情報の共有

保育士との連携

医療者・保育者として園児を保育していくので、常に保育士との連携が必要となります。

しかし、中には仕事上のコミュニケーションがうまく取れず、険悪な状態になってしまう事もあります。

保育園で働く看護師も人間関係でのトラブルが一番の悩みのようです。

 

まとめ

保育園で働く看護師は、病院とは全く違う仕事内容や役割がある事が分かったと思います。

こどもが好きで、保育園看護師としての仕事を考えている人は参考にしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました