80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

保育園看護師の給料や手取りは安い?転職の際に確認しておくこと

スポンサーリンク
保育園で看護師

保育園で働こうと考えている看護師が一番気になるのが、やはり給料や年収ではないでしょうか?

実際に保育園で働いている人や、過去に勤務経験がある人のブログを読んでみると、やはり病院勤務に比べると低いようです。

実際にどれくらいの金額なのか、交渉の余地はあるのか、高給与の求人を探すにはどうすれば良いかを考えていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保育園看護師の給料や手取りは安い?

実際に求人情報サイトを見てみると、給料は保育園によって大きく異なり20万〜30万前後となっており、平均すると月給は22〜25万前後となっています。

ここから保険料などが引かれて、手取りが残ります。

これに加えて交通費や住宅費なでどの各種手当てが加算される事になり、年収としては300〜400万円ほどになります。

平均で見ると330〜350万円の求人が多いです。

病院に勤める看護師の平均年収が470〜480万円と言われているので、130万〜150万も低い水準となっています。

これはもともと給与水準が低めであることや、日勤のみの仕事で夜勤手当が無いことが影響しています。

また、保育園看護師の給料は職場によって幅が大きく、公立保育園の場合は公務員扱いになり、それぞれの自治体の設定基準に応じて基本給が決定されます。

私立看護師の場合は、規模や運営方針によって看護師の給料が変わります。

長期的に見ると手当てや福利厚生の面で、公立保育園の方が良いかもしれませんが、1〜2年などの比較的短い期間の勤務予定であれば、私立の方が給料面で上回る場合もあります。

ぜひ知っておいてほしいのは、保育士向けの家賃補助の制度を保育園勤務の看護師でも利用できる自治体があるという事です。

家賃が実質1割負担になる事もあり、年間で最大約100万円程度の家賃を節約出来る事もあるので、必ず確認しておきましょう。

夜勤が無い代わりに、心身のストレスは大幅に減り、生活リズムも整えやすくなります。

また、常勤や正社員での働き方にこだわる必要はありません。

パートや派遣での求人では、平均して時給1500〜2000円で募集しており、勤務日時は相談可能な所もあるので、柔軟性のある働き方をしたい人におすすめです。

 

保育園の運営形態によって給料は変わる

保育園には公立と私立、認可と無認可といった種類があり、公立であるか私立であるか、認可保育園であるか無認可保育園であるとなどの違いにより看護師の給料や年収にも差があります。

公立の保育園(保育所)は地方自治体が運営していますので、そこに勤務する正看護師は公務員扱いとなり、給料や待遇も優遇される傾向にあります。

一方、私立の保育園(保育所)は運営母体によって給料や年収に違いがあり、特に最近増加傾向にある企業経営の保育園であれば経営者の方針や企業規模、正社員か否かなどの条件によって収入面での差が出てくるということになるでしょう。

給料や手当は交渉することができる

初めて保育園や幼稚園に転職する人であれば、面接の際はなかなか給料交渉がしづらいものです。

しかし、私立の保育園の場合は、提示された金額よりも交渉することによって給料が上乗せさせる事もあります。
(公立保育園の場合は、地方自治体によって金額が決まっているので、交渉は不可です)

一度契約が決まってからは、基本給に対する金額交渉は難しいですが、交通費などの諸手当を上乗せしてもらうといったケースもあります。

保育園での看護師の役割は多岐に渡るので、なるべく納得いく金額で働きたいですよね。

 

まとめ

月給や年収は仕事に対するモチベーションに大きく関わるため、少しでも上げたい所ですね。

もし、記事の中で紹介した金額よりも高い給料の保育園求人を見つけたら、積極的に応募してみると良いですよ。

看護師の保育園求人が豊富な転職サイト一覧は下記の記事にまとめてあります。

 

タイトルとURLをコピーしました