看護学生の就職活動はいつから始めるべき?病院選びや面接対策

看護学生

看護学生さんは国家試験の準備をしながら、就職活動もしなければなりません。

実習も多いし、学校によっては卒論や統合実習もあります。

最終学年は本当に大変ですね。

ではいったい、いつから就職活動を始めれば良いのか?

そんな疑問に答えていきます。

看護学生の就職活動はいつから始めるべき?

看護学生の就活はいつから始めるべき?

リクルートグループのナース専科やマイナビなど看護師求人を扱っている公式サイトでは、最終学年になる前の年から情報収集を推奨しています。

私は入学時から病院から奨学金を受けていたの、簡単な面接だけ受けてそのまま就職したので、全く覚えていません(笑)

正直こんなに早く準備するものなのかと驚きました。

看護学生の就活の流れ

(ナース専科公式サイトより引用)

目標の設定

目標となっていますが「最初に学びたい科」をよく考えましょう。

一般病棟なのか、産科や精神科などの専門病棟かなどで、今後のキャリアは大きく変わっていきます。

一般病棟であれば、基礎的な知識や全体的な解剖生理なども勉強できますが、専門病棟から入ると、その後一般病棟に移る際に、勉強し直す事がたくさん増えてきたりもします。

もちろん逆もしかりです。

いずれにせよ、今後のキャリア形成に大きく関わるので、学校の教員からもアドバイスをもらいながらしっかり考えていくべきです。

情報収集

情報収集

主に病院の情報収集となります。

個人病院で奨学金を借りていて、お礼奉公として働く事が決まっている人以外は、総合病院で働く事が推奨されています。

なぜなら、個人病院に比べて教育体制が整っている事が多いからです。

また、最初の病棟で挫折しても次の病棟に異動して働きやすくなります。

病棟によって仕組みや働き方は異なりますが、記録の書き方など基本的なルールは変わりません。

もし個人病院で診療科が少ない病院であれば、別の病院を探さなければならないケースも出てきます。

そうなると、また一から病院の基準に従って、覚え直さなければならない事がたくさんあります。

ただでさえ基礎的な看護技術や病態生理を覚える事が多い上、に病院が変わる事は本当にストレスです。

こうした視点からも総合病院が推奨されています。

中には「履歴書に傷が…」という人も居ますが、その点はあまり気にしすぎる必要はないと個人的には思っています。

病院の見学・選定

希望の病院が見つかったら、見学に必ず見学に行って下さい。

「行ってみたら、全然雰囲気が良くなかった」というのはたくさんあります。

そして、その時感じた印象を大切にしてください。

「それでも条件が良いから」と無理に決めてしまうと「やっぱり雰囲気悪い」という展開が待っている事がよくあります。

ええ、私も経験しています。

だから、強く言います。

「納得いくまで探してください!」

前年度から準備していれば、病院選びに時間と余裕があります。

求人サイトを利用するのであれば、担当者に自分が思う条件を全て伝えてください

「こんな事言ったら笑われるかな?」

「1年目でさすがに、これはないかな?」

とか全く関係ありません。

とにかく思った事を全て伝えてください。

無理なものは無理と言われますが、探す努力はしてくれます。

履歴書の作成と面接時期

 

履歴書の作成は、求人サイトの担当者がとても良いアドバイスをくれますので、ぜひ聴いてみてください。

事前に病院のホームページをよく見て、内容に沿った事を書いたり、自分の意見を反映させる事が大事ですが、正直あまり重要視されていません。

面接の方がはるかに大切です。

早い人では春から夏の時期にかけて面接を受けて、内定をもらっているようです。

この辺は希望の病院の求人期間をよく確認しておく必要があります。

求人サイトを利用するのであれば担当者が教えてくれますが、自分で探して応募する場合は、全て自分で確認しておく必要があります。

面接で落ちる人の特徴

現状を自己分析

面接で落ちる人の特徴は下記のような点が挙げられます。

  • 表情が暗い
  • 声のトーンの低すぎる
  • 視線が合わない
  • ハキハキ話さない
  • 自信がなさそう

この辺に複数該当してしまうと、不採用になる事があるので注意しましょう。

ただ、どこの病院も人手が不足しているので、よっぽど倍率が高い病院に面接に行かなければ、たいていは内定がもらえると思います。

実際に求人サイトで病院情報を探してみる

求人サイトで仕事を探す

情報収集するのは早いに越した事はありません。

前述したように、最終学年では看護実習や卒論、国試の勉強があり、思っている以上に時間に余裕が無いのです。

看護師求人サイトでは全国の病院を網羅しているため、自分で情報を集めるよりもはるかに効率的に病院の情報を集める事ができます。

初めての就職活動でわからない事がたくさんあると思います。

自分に合った就職先を納得いくまで探してみてください(^^)

 

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました