ナースに人気の転職サイト比較  >>
自己理解

自制心を奪うモラルライセンシングの恐怖。その「少しだけ」が命取り

「今日は結構運動したから少しくらい食べてもいいだろう」「レポート頑張ったから、少しSNS見ちゃおう」この「少しだけ」が命取りです。この記事では、せっかく余った時間や努力をムダにしてしまうモラルライセンシングの心理について説明していきます。
集中力の高め方

未だに瞑想をスピリチュアルだの宗教的だと言ってる人はヤバイかも

Googleやfacebookなど世界的な世界的な大企業の従業員達から、野球のイチロー選手やサッカーの長谷部誠選手などトップアスリートたちも実践する瞑想。すぐに生活に取り入れた方がいい理由や実際の効果について書いています。
自己理解

モチベーションを維持するために目標勾配と双極割引を理解しよう

何を始めるにもモチベーションが維持できなければ、継続するのは難しいものです。 理屈では「やらなきゃいけない」「やったほうが良い」とわかっていても実践出来ない人も多いのではないでしょうか。 そんなモチベーションの上げ方や維持の仕方を紹介していきます。
目標と計画の立て方

科学的に最も効果的な目標設定の方法「MACの原則」と使い方

目標を設定する事はとても大切なことですが、果たしてその目標設定の方法は本当に正しいのでしょうか。適切な目標設定と事前対策をしておかなければ、挫折や自己嫌悪に陥ってしまい、結局目標が達成できないという事が起こります。この記事ではそうしたトラブルを回避する方法を紹介します。
自己理解

「シロクマのリバウンド効果」から学ぶポジティブ思考の罠

みなさんはポジティブ思考ですか?それともネガティブ思考ですか?実は近年の研究ではどっちも良くないと言われています。ポジティブ思考の何がダメなのかをシロクマのリバウンド効果の例も出しながら説明していきます。
自己理解

スタンフォード大学が推奨する価値観日記とは?書き方と効果

日記を書くことは自分自身を振り返る作業として、とても重要だと言われています。その中でもスタンフォード大学が推奨している価値観日記は特に注目です。自分の価値観とは何か、そのためにどんな行動をするかを考えさせてくれる日記です。
自己理解

ストレスは寿命を延ばす?今まで悪者扱いされたストレスの真実

ストレスは身体に良くないものとして考えられがちですが、近年ストレスは「有害ではない。むしろ寿命を延ばす効果もある」とさえ言われています。 スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル著書の「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を基に説明していきます。
自己理解

受動ストレスの恐怖!人はネガティブな情報に7倍も反応する

受動ストレスという言葉をご存知ですか? ストレスを感じている人や映像をみると人に感染するという意味で、ポジティブな事に比べてネガティブな事は7倍も感染力が高いそうです。 このページでは受動ストレスの害や避け方について説明しています。
自己理解

「小さな習慣」から学ぶ挫折しない習慣化の科学

新しい習慣を身につけたいと思っても、3日坊主で終わってしまい続けられない事がたくさんあります。これまで私達は挫折の原因を「自分の意志の弱さ」だと勘違いしていましたが、脳科学の視点から見直し「確実に継続し、確実に習慣化していく方法」をこの記事で学ぶ事ができます。
睡眠改善

もう朝の眠気を感じない!目覚ましカーテンmornin’ plus

このページを開こうとしているあなたは「朝起きるのがつらい」または「もっと気持ちよく朝起きれるようになりたい」と感じているのではないでしょうか。 このページでは科学的な視点から考え作られた「めざましカーテン mornin’ plus」を使ってみた感想を紹介します。