80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

小児科は何歳まで受診できるの?入院や大人の付き添いはいつまで?

スポンサーリンク
看護師あるある

子供が風邪を引いて熱を出したり、インフルエンザや花粉症になった時に、一般内科を受診するべきか小児科を受診するべきか迷う方が多いようです。

実際に何歳まで小児科を受診するべきか、年齢や症状別に解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小児科は何歳まで受診可能か

小児科は何歳まで受診可能か

基本的には15歳未満まで受診可能としている所が多いですが、明確な国の基準があるわけではないです。

中学生までは小児科を受診して、高校生になったら一般内科に受診という形を取る所が多くなります。

場所によっては0歳から成人するまでとしている病院もあるようです。

継続的に受診している場合は大人になってからも受診できる

継続的に受診している場合は大人になってからも受診できる

幼少期から継続的に診てもらっている患者さんなどは、15才以上でも小児科を受診されている方もいらっしゃいます。

てんかんやアレルギー喘息、皮膚の疾患、膠原病など、先天性の疾患や幼少期から発症し、継続的に治療が必要な疾患や病状に関しては小児科で受診した方が良いケースもたくさんあります。

かかりつけの医師がいれば、状態も把握してくれているので、受診も毎回スムーズに進みます。

また、子どもの受診で、付き添いで来た保護者も一緒に受診できる病院もあります。

家庭内で風邪やインフルエンザなどは感染することがあるので、共に受診される家族も多いです。

また、予防接種や薬の処方もお子さんと共に小児科で行う事ができます。

子供の付き添いが必要な場合は、子供の受診が終わるまで離れられずません。

その後に自分の受診となると、時間的にも体力的にも相当な負担となってしまうので、これはありがたいですね。

小児科は外科や皮膚科の領域も診察可能

小児科は外科や皮膚科の領域も診察可能

小児科で診察してくれるのは風邪などの内科領域だけではありません。

外科の領域や皮膚科なども幅広く診察・診断をしてくれます。

小児科は体重や年齢に応じて使用する薬剤量が細かく変わるため、小児科医は、多くの疾患に対する診察をこなします。

大人の付き添いは何歳までするべきか

大人の付き添いは何歳までするべきか

何歳まで大人の付き添いが必要かは子どもの理解力や判断力、体調に応じて異なります。

子供がどんなにしっかりしていて理解力があっても、40℃の高熱では医師の説明が頭に入ってきません。

これは大人でも同様ですね。

子どもの理解力が十分で、何度も通っている病院へ薬を処方してもらうだけの定期受診などの場合は、付き添わなくても良い場合もありますが、基本的には付き添った方が良いかと思います。

小児科への入院は何歳まで可能か

小児科への入院は何歳まで可能か

小児科への入院も受診と同様に明確な年齢の定義がありません。

これは病気や年齢・発達段階を基に、どの科で入院する事が適切な治療に繋がるのかを病院が判断することになります。

成人の方が小児科に入院しているケースもあります。

小児科よりも内科の方が良い場合

小児科よりも内科の方が良い場合

小児科よりも内科を受診した方がいい場合もあります。

それは家からの距離、小児科の混雑具合、小児の感染症の流行時期などが理由に挙げられます。

RSウィルスなどは秋から冬にかけて流行するため、注意が必要です。

また、年齢が15歳以上で専門的な治療を必要とする際も、内科や他の一般診療科に受診する事が望ましい場合があります。

まとめ

小児科の受診は何歳か

年齢や状況、継続的な受診などで小児科を受診するか内科や他の科へ受診するかは異なります。

迷った時は受診前に電話で相談するか、受付で確認してみましょう。

小児科は成人になっても受診できたり、外科や皮膚科領域まで診察してくれるほど広範囲なので、本当にありがたいですね。

https://nurse84.com/what-ward-hay-fever/
タイトルとURLをコピーしました