80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

1番仕事が楽しくて精神的にも楽だったのは回復期病棟!

看護師あるある

看護師が激務なのは、医療関係者以外の人でも知っている事です。

私はこれまでに約7年間病院での勤務経験があり

消化器外科 → 一般内科(ほぼ慢性期) → 回復期と異動してきました。

最も楽しく仕事が出来て、精神的にも楽だったのが回復期病棟でした。

この記事では回復期病棟の魅力を紹介しています。

忙しい病棟で働き続けて、苦しんでいる人がいたら転職先の参考になれば嬉しいです。

回復期病棟とは

看護師や看護学生向けに書いているので、細かい事は省略します。

主に脳外科・整形外科の手術後の急性期を脱した患者さんが、リハビリ目的で入院してくる病棟です。

原則として入院できる期限が決まっており、脳外の患者さんは入院期間が150〜180日整形外科の患者さんは入院期間60〜90日までとなっています(2018年11月現在)。

参考記事(PDF)

厚生労働省が定める回復期リハビリテーション病棟への入院の対象となる疾患と期間

期限は疾患により異なり、制度が変更になる事もあるので、その都度確認して下さい。

回復期病棟で働くメリット

回復期病棟で働くメリット

回復期病棟で働く7つのメリットを紹介します。

・即入がない

整形外科で働く最大のメリットは即入(臨時入院の事)が無い事!

外科や内科で働いていると、病院によっては毎日即入が来ます。

当然いつ入院してくるかもわからないですし、夕方に入ってくると残業が確定します。

外科で働いていた時は、即入後そのままオペという流れも多かったです。

オペ後に呼吸器が離脱できず、病棟で一晩中輸血をしながら呼吸器(レスピ)管理をしなければならない事も多々ありました。

当時は1年目〜2年目だったため本当に疲弊しました。

その点回復期病棟は即入がないので、精神的に圧倒的に楽でした。

医療行為が比較的少ない

これは人によってはデメリットでもありますが、医療行為が比較的少ないという点があります。

病院は診療点数加算で治療費が請求(医療区分によって異なる)されますが、回復期病棟では点滴などの点数加算が取れないため、治療をしても病院負担となり、患者さんに請求できない仕組みになっています。

そのため、容態が悪化し治療が必要になった患者さんは、他の病棟に移動(転棟)するか別の病院に転院する事が多いです。

医療行為が少ない事で心理的負担は減ります。

・急変が少ない

急変が少ない

急性期を脱した状態で来ているので、一般病棟に比べると急変は比較的少ないです。

脳外の患者さんがメインになってくると、再梗塞などのリスクも出てくるため、一般状態の観察は他の病棟と同様です。

・患者さん一人ひとりと向き合える時間が多い

病院やその時の状況にもよりますが、急性期に比べてバタバタしてはいません。

外科病棟で働いていた時は、常に時間に追われ、看護ではなく完全に「業務」でした。

当然、回復期病棟でも忙しい時はありますが、一般病棟の比ではありません。

ゆとりを持って患者さんと接したい人にはお勧めです。

・患者さんの回復過程を見れるのが嬉しい

私の場合、外科病棟にいた頃は自分の業務をこなすことで精一杯で、患者さんを看る事が出来ていませんでした。

内科病棟(慢性期寄り)にいた時は、状態があまり変わらないか、逆に弱っていく患者さんが多い病院でした。

回復期の病棟では、患者さんがADL(日常生活動作)が目に見えて上がっていくので、本当に嬉しくて楽しいです。

整形のOP後の患者さんであれば、車椅子で入院してきた方が、リハビリを重ねてサークル歩行となり、杖歩行となり、最終的には独歩となり笑顔で退院していく姿も見れます。

回復の過程を見ていく事や支えていく事は、仕事をする上で大きなやりがいを感じます。

・定時で帰れる病院が多い

札幌と東京で回復期病棟に勤務しましたが、いずれも定時帰りがほとんどでした。

理由は①〜③で書いた通り。

あとは記録を書いて、薬を組んで、看護計画(病院によってはケアプラン)を立てて、退院患者さんのサマリーを書けば基本的には終了です。

一般病棟に比べて、残業が少ないです。

・(比較的)一般病棟に復帰しやすい

病院勤務に疲れて、老健などの施設に転職する人も多いですが、一度施設で働いてしまうとなかなか病院(特に一般病棟)に復帰するのが難しくなります。

要因としては、多くの人が【病院と施設は別物】という固定概念を持っている事です。

心的ハードルを自分で上げてしまい、腰が重くなってしまいます。

(病院側は人出が足りないので、採用してくれる所も多いです)

一方、回復期病棟では

医療行為そのものは少ないものの【病院】という枠組みの中にあるため、心理的なハードルは比較的下がっていると言われています。

同じ病院内であれば、比較的スムーズに他科に異動できますし、病院を変える際も履歴書欄を気にする必要もありません。

回復期病棟で働くデメリット

デメリットも多少あります。

ここでは3つのデメリットについて書いています。

・専門的な医療技術が身につかない

前述した通り、医療行為そのものが少ないので、CV(中心静脈栄養カテーテル)の介助すらありません。

バリバリ急性期で働いてきた人には物足り無いかもしれません。

頻度は少ないものの、採血や点滴ルートの確保、バルーン挿入などの基礎的な処置は行えるため、こういった技術は保たれます。

・年齢層が高い

回復期専門の病院の場合、定時で帰れる事などから、異動せずにそのまま10年以上同じ病棟で働く人も多いです。

年齢層が高く、同じ病院に居座り続ける人が増えると、新しい事への適応が出来なくなります。

業務改善案を出しても受け入れられず、いつまでも不効率な業務体制をとっている病院も多いように感じます。

・肉体的な負担が大きい

患者さんはオペ後で安静度の制限があったり、リハビリ途上のため自力で身の回りの事が出来ない方も多いです。

トイレ介助や入浴介助、毎食前後のベッドと車椅子間の移乗介助を中心に介助が必要になるため、肉体的な負担が大きいです。

特に夜勤はスタッフの人数が少ないので、ナースコール対応に追われます。

男性看護師の場合は、回復期病棟でたくさん声を掛けられます(笑)

まとめ

個人的には精神的な負担が少なく、仕事への楽しみや喜びを感じられる事が多かったため、回復期病棟で働けた事は本当に良かったと思っています。

心の余裕がないと、仕事へのやりがいや喜びを感じる事が難しくなります。

そういった視点で考えると、回復期病棟は仕事へのやりがいを感じる事に最適な病棟だと思います。

一般病棟で挫折した新人看護師が回復期病棟に異動し、ゆっくりと基礎的な知識や技術を身に着けた後、再度一般病棟に復帰して活躍している例もあります。

本当に苦しいと思ったら、無理に同じ場所で働き続ける必要は無いです。

何度も言いますが、看護師は本当に激務です。

今の状況が辛いと思ったら、回復期病棟もぜひ視野に入れてみて下さい。

おすすめの転職サイトBEST3

実際に私が使っているお勧めの転職サイトを紹介していきます。

自分にとって働きやすい職場を見つけることで、仕事への充実感が大きく変わります。

私は急性期から慢性期、そして慢性期から回復期へと転職してから心理的な負担が大きく減りました。

今回紹介している転職サイトは全て、相談から就職まで完全に無料対応なので、安心して利用する事ができます。

途中で職場探しをやめて、今の職場に残るという決断をしても請求は発生しません。

さっそく紹介していきます。

第1位 看護roo!

ここ近年、圧倒的に人気の高い転職サイトが看護roo!です。

年間で2万人以上の看護師が登録しており、利用者満足度96.2%と高い評価があります。

直近の転職では私も利用し、看護rooから紹介された求人で就職が決まりました。

看護rooの特徴としては関東・近畿・東海地域に特化している事です。

地域を絞っているため、職場1つ1つに対する情報量が多く、より細かい希望や条件に応じた職場を紹介してくれる点で人気です。

また、登録時の特権として、他社では手に入らない「ナースのHappy転職ガイドブック」がもらえるため、病院に限らず美容クリニックや訪問看護などの転職にも役に立ちます。

今回の転職だけでなく今後の転職の際にも有効活用でき、面接対策なども書かれているため、幅広く活用する事ができます。

このガイドブックは、看護rooを通して就職が決まらなくても貰えるので安心して下さい。

登録も30秒ほどで簡単にできるのも嬉しいです。

昔の転職サイトは記入項目が多すぎて、登録するまでが本当に面倒でした。

今は登録をできるだけ簡易化されているので、すぐに登録する事ができます。

求人情報のやり取りはLINEで行えるので、返答も早いです。
(もちろんメールでも可)

利用満足度96.2%!【看護roo公式】

第2位 看護のお仕事

前述した「看護roo」では地域が絞られてしまいますが、全国対応している転職サイトだと看護のお仕事が圧倒的な人気と実績があります。

関東・近畿・東海地域で仕事を探している多くの人が「看護roo」と「看護のお仕事」にセットで登録しています。

この2社はそれだけ人気と利用満足度が高いですね。

看護のお仕事の強みは『病院の内部事情に詳しい』という点です。

実際に就職した人達への『働いてみて実際の職場はどうか?』を徹底的に確認しているため、実際に働いている(or 働いていた)スタッフの情報が充実しています。

つまり

職場選びで最も重要な『人間関係』を知る事ができます。

これが「看護のお仕事」が人気の理由です。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

第3位 ナースではたらこ

ナースではたらこ東証一部上場企業であるディップが運営しており、日本を代表するアルバイト求人の「バイトル」などを運営している事でも知られている会社です。

こちらも全国対応している大手の会社のため、求人数が豊富です。

また、ナースではたらこは逆指名制度があります。

これは他の転職サイトやハローワークで見つけた求人を担当者に伝える事で、内部情報や求人の詳細を調べてくれる制度です。

ワークライフバランスを重視したい方におすすめのサイトです。

お金にも働き方にもこだわるなら【ナースではたらこ】

転職サイト登録時に知っておくべき事

転職サイトの利用時は、複数のサイトに登録しておく事が推奨されています。

なぜなら、転職サイトによって提携している病院が違うことや、特定の転職サイトにだけ募集案件を出す非公開求人があるからです。

 

転職サイトってちょくちょく連絡来てめんどくさいんでしょ?1つで十分じゃない?

こんな風に考えている人は転職に失敗しやすくなります。

私はこれで何度も痛い目にあって来ました。

一つのサイトに依存してしまうと、限られたカードで勝負しなければなりません。

「知らない」「情報が無い」

という事は、それだけで選択肢が減ってしまいます。

まずは情報を集めない事には選択する事すらできません。

転職サイトは何社に登録しても無料なので、まずは職場の情報をたくさん集める所から始めます。

最低でも2か所は登録しておく事で、より多くの求人情報を集める事ができ、紹介された求人を比較する事も出来るため、自分の希望に沿った職場を見つけやすくなります。

だからこそ、なるべく複数の会社に登録しておく事が大切です。

少ない情報に妥協してしまい転職に失敗した経験がある方は、身を持って理解していると思います。

私のように転職に失敗してほしくありません。

とにかく納得いくまで探した方が良いです。

じっくり時間をかけて転職先を探すためにも、今のうちから情報収集が必要です。

探す時間が少なく、焦って妥協してしまうのは転職失敗の典型的な例です。

だからこそ、早く行動し情報を選別する時間が必要なのです。

また、必ずしも紹介された職場を選べば良いというわけではありません。

複数の転職サイトに登録し、そのうちの1つの会社から紹介された職場を選ぶと、必然的に他の会社の紹介は全て断ることになります。

それで良いんです。

納得行く求人がなければ遠慮なく断りましょう。

妥協して職場を選んでしまうと必ず失敗します。

全て無料なので、途中で求人探しをやめても支払いは発生しません。

この記事にたどり着いたという事は、少なくとも病院以外の職場に興味がある、または明確に転職したいと考えていると思います。

情報が少なければ狭い選択肢の中から職場を検討する事になってしまい、失敗のリスクが高くなります。

何度も言いますが

簡単に理想の求人を見つけられると思わないで下さい。

高条件の求人はライバル全員が狙っています。

ここで行動を起こさなければ、現状を受け入れて今の職場で働き続けるしか選択肢はありません。

動き出した時には、すぐに希望の求人が見つからない事もたくさんあります。

転職に失敗しないための成功法則は

より早く行動し、より多くの情報を集める事です。

転職サイトは最短30秒で無料登録する事ができるので、時間も労力もかかりません。

もちろん現状を受け入れて、今の職場で働き続ける選択肢もあります。

それとも、少しでも現状を変えるために、いま行動するか。

最終的に決めるのは、あなた次第です。

 

タイトルとURLをコピーしました