80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

新卒の看護師が病院以外で働ける人気の職場4選と【転職に成功】するための方法

病院以外の仕事

新人看護師の多くは病院に就職をしますが、近年では病院に就職せずそのまま美容クリニックや訪問看護ステーションで働き始める人が増えてきました。

また、新卒で病院に就職してもあまりの多忙さや人間関係のストレスから体調を崩してしまい、1年が経つ前に退職・転職をしてしまう人も増えています。

そのまま看護師を辞めてしまう人も少なくありません。

ただ、せっかく何年も学校に通って苦労して取った資格なので、すぐに看護師を辞めてしまうのは本当にもったいないと思っています。

せめて病院以外で働ける選択肢を知っていれば、心の負担が減り、働く選択肢も増えてくると思います。

この記事では、新卒でも病院以外で働ける職場を紹介していきます。

また、1年目の途中で病院の退職を本気で考えている人、すでに退職を決めた人の参考になるように書いています。

実際にどのように就職・転職活動をしてけば良いのかも具体的に説明していきますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

看護師は新卒でも病院以外で就職ができます!ただし…

看護師は新卒でも病院以外で就職ができます!ただし…

結論から言うと、病院以外の職場でも働く事ができます。

実際に私の同僚でも看護師1年目の途中で転職している人がいますし、転職サイトを利用した際に担当者に聞いてみると、新卒で病院以外の職場に転職する方が居ると聞いています。

ただし、病院ほど採用してくれる所は多くありません。

理由は、病院以外の医療機関や施設の看護師の配置人数が少ないためです。

就職先にもよりますが、看護師の配置人数が少ないため、看護師1人あたりの役割が大きくなります。

それでも実際に病院以外に就職している人はいるので、希望を捨てずに具体的に職場を見ていきましょう。

明確な言葉の定義はありませんが、1〜2年目くらいまでに退職してしまう人の事を「第二新卒」と呼びます。

1年目や2年目の途中で辞めてしまい、病院以外の転職を考えている人は下記の記事も参考になります。

 

①クリニック・診療所

クリニック・診療所の看護師(ナース)

もっとも定番なのが、ベッド数が20床未満の診療施設のクリニックや診療所です。

入院施設がなければ夜勤はありませんし、基本は外来勤務のみとなるため、体調管理や生活リズムを整えやすく、身体の負担が大きく減ります。

新人看護師は、ただでさえ覚える事が多く、職場の人間関係にも悩まされる事が多いです。

その上、慣れない夜勤をするとなるとメンタルが安定しないのも無理ありません。

最初から夜勤の無い場所で働き、少しずつ看護技術や患者さんとの関わりに慣れていけば良いと思います。

ただし、クリニックは小規模な所が多く必要最低限のスタッフ体制となっているため、看護師一人一人の役割が大きくなってしまい、新人は採用されにくい傾向があります。

クリニック看護師の主な仕事内容

外来勤務(バイタルサイン測定、採血、点滴、心電図)が主な仕事内容となります。

クリニック看護師のメリット

  • 無床であれば夜勤が無い
  • 採血や注射などの最低限の医療技術

クリニック看護師のデメリット

  • 夜勤がなければ給料面は下がる
  • 医療処置は限定される

クリニックを探すのであれば全国対応している「看護のお仕事」で多くの求人情報を探すことができます。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

②老健・特養などの施設

老健・特養などの施設

次に候補となるのが老健や特養などの施設です。

ただし、老健などは看護師の配置人数が少ないため、全く病院での勤務経験が無い場合は採用されるのは難しいと思います。

看護師1年目でも、少なくても病院で半年程度は仕事をして、基礎看護技術を習得した状態であれば採用される可能性があります。

それでも可能性は低いので、参考程度に見ておいてください。

主に以下のような種類があります。

  • 介護老人保健施設
  • 介護老人福祉施設
  • 居宅介護支援事業所
  • 社会福祉施設
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム

施設看護師の主な仕事内容

施設看護師の主な仕事内容は経管栄養や服薬管理、吸引、Ba交換などです。

施設看護師のメリット

  • 比較的給料が高い
  • 急性期の患者さんが居ないため、急変時以外は比較的穏やか

施設看護師のデメリット

  • 夜勤がある(施設や雇用条件による)
  • 高齢者が多いため、急変を起こすことがある

③美容クリニック【おすすめ】

あまり知られていませんが、新卒の看護師も美容クリニックで採用されています。

大手のクリニックだと1〜3年の臨床経験を採用条件としている所が多いですが、小規模〜中規模のクリニックであれば、数は少ないですが採用している所もあります。

実際に新卒で採用されている人もいます。

美容クリニックの求人は関東・関西・東海エリアに特化した「看護roo」で探すと多くの求人情報を探す事ができます。

利用者満足度も96%以上と高く、求人だけでなく相談からサポートまでの評価がとても高いです。また、全国対応であれば「看護のお仕事」がお勧めです。

利用満足度96.2%!【看護roo公式】
転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

④訪問看護師(おすすめ)

近年は新卒の訪問看護師が増えてきています。

基礎からしっかりと指導していき、緊急時は直接上司や同僚に連絡を取る事もできるため、安心して勉強していく事ができます。

2025年問題(高齢者比率の増加に伴う超高齢社会の問題)もあるため、国は病院の医療費をどんどん抑えて、在宅医療に力を入れています。

そのため、今後は訪問看護の需要がますます高くなっていきます。

そして私も2019年6月から訪問看護師1年目として働いています(^^)

訪問看護は同行での指導期間を終えると、基本的には1人での訪問となるため、スタッフと関わる時間が少なくなり、人間関係のストレスを劇的に減らす事ができます。

 

私は時短勤務かつ正社員として働いています。
働き方も柔軟に対応してくれる所が多いため、ワークライフ・バランスを重視したい方やご家庭をお持ちの方にも人気があります。

実際に求人を探してみる

求人サイトを探してみる

今回は新卒でも働ける可能性のある職場を紹介してきましたが、臨床経験を積むと看護学校の教員や、会社の医務室で働く企業看護師など看護師資格を活かして病院以外で働ける就職先がたくさんあります。

私が知っている人の中には看護師1年目で病院を辞めて、保育園に看護師として就職した人もいました。

簡単ではありませんが、新卒でも病院が嫌で転職することも可能です。

新卒の看護師が最も就職・転職しやすいのは、やはりクリニックや診療所です。

もしあなたが、新卒で病院に就職した後、ストレスや不安で苦しんでいるのであれば、転職を本気で考えて下さい。

記事下のコメント欄から、直接相談して頂いても構いません。

そのまま無理して続けた場合、うつ病などのメンタルの病気になる可能性があります。

本気で病院以外の転職先を考えているのであれば、すぐに就職先を探す必要があります。

ただでさえ、新卒の看護師は採用される職場が限られているのに、同じ状況の新人看護師がたくさんいるからです。

募集が埋まる前に、早めに情報を集めて行動してく必要があります。

紹介している看護師転職サイトは全て、登録から就職決定まで完全無料のサポートです。

関東・関西・東海エリアでのお仕事を探す場合は「看護roo」

全国対応で探すのであれば「看護のお仕事」

「もう転職に失敗をしたくない!」という方は、より多くの情報を集める必要があるので2社以上の同時登録が推奨されています。

何社登録しても無料のため、転職を急がない人も情報だけ集めておくことで、いざ転職活動を始める際にスムーズに行動ができます。

 

 

もう転職に失敗したくない人はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

何度も転職に失敗した私がようやく見つけた【転職の成功法則】とおすすめの転職サイトまとめ
私は転職の度に失敗と後悔を重ねてきました。この記事では私のように失敗を繰り返してほしくないため、転職ノウハウの全てを書きました。実際に使っている転職サイトも紹介しており、それぞれの会社の特徴や使ってみた感想も含めて書いています。
タイトルとURLをコピーしました