看護師は新卒でも病院以外の就職先はあるのか?定番の職場から意外なおすすめの職場まで紹介

病院以外の仕事

4月になると国家試験に合格した看護学生は、新人看護師として働き始める事になります。

新卒で病院に入ると、慣れない仕事に絶望する人もいます。

中には威圧的な先輩看護師もいるため、精神的な不安やストレスから体調管理ができず、退職してしまう人もいます。

そのまま看護師を辞めてしまう人も少なくありません。

ただ、せっかく何年も学校に通って苦労して取った資格なので、すぐにナースを辞めてしまうのは本当にもったいないと思っています。

せめて病院以外で働ける選択肢を知っていれば、心の負担が減り、働く選択肢も増えてくると思います。

この記事では新卒でも、病院以外で働ける職場を紹介していきます。

穴場でおすすめの職場もありますよ。

看護師は新卒でも病院以外で就職ができます!ただし…

看護師は新卒でも病院以外で就職ができます!ただし…

結論から言うと、病院以外の職場でも働く事ができます。

実際に私の同僚でも転職している人がいますし、転職サイトを利用した際に担当者に聞いてみると、新卒で病院以外の職場に転職する方が居ると聞いています。

ただし、病院ほど採用してくれる所は多くありません。

理由は、病院以外の医療機関や施設の看護師の配置人数が少ないためです。

就職先にもよりますが、看護師の配置人数が少ないため、看護師1人あたりの役割が大きくなります。

それでも実際に病院以外に就職している人はいるので、希望を捨てずに具体的に職場を見ていきましょう。

転職した時には聞いた事がありませんでしたが、第二新卒という言葉もあるようですね。

 

①クリニック・診療所

クリニック・診療所の看護師(ナース)

もっとも定番なのが、ベッド数が20床未満の診療施設のクリニックや診療所です。

比較的看護師の配置人数が多いため、新卒で入職しても看護技術を磨きながら仕事をすることができます。

入院施設がなければ夜勤はありませんし、基本は外来勤務のみとなるため、体調管理や生活リズムを整えやすく、身体の負担が大きく減ります。

新人看護師は、ただでさえ覚える事が多く、職場の人間関係にも悩まされる事が多いです。

その上、慣れない夜勤をするとなるとメンタルが安定しないのも無理ありません。

最初から夜勤の無い場所で働き、少しずつ看護技術や患者さんとの関わりに慣れていけば良いと思います。

実際に私の同期ナースも新卒でそのままクリニックに就職しました。

クリニック看護師の主な仕事内容

外来勤務(バイタルサイン測定、採血、点滴、心電図)が主な仕事内容となります。

クリニック看護師のメリット

  • 無床であれば夜勤が無い
  • 採血や注射などの最低限の医療技術

クリニック看護師のデメリット

  • 夜勤がなければ給料面は下がる
  • 医療処置は限定される
看護roo!

②老健・特養などの施設

老健・特養などの施設

次に候補となるのが老健や特養などの施設です。

ただし、老健などは看護師の配置人数が少ないため、全く病院での勤務経験が無い場合は採用されるのは難しいと思います。

看護師1年目でも、少なくても病院で半年程度は仕事をして、基礎看護技術を習得した状態であれば採用される可能性があります。

それでも可能性は低いので、参考程度に見ておいてください。

主に以下のような種類があります。

  • 介護老人保健施設
  • 介護老人福祉施設
  • 居宅介護支援事業所
  • 社会福祉施設
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム

施設看護師の主な仕事内容

施設看護師の主な仕事内容は経管栄養や服薬管理、吸引、Ba交換などです。

施設看護師のメリット

  • 比較的給料が高い
  • 急性期の患者さんが居ないため、急変時以外は比較的穏やか

施設看護師のデメリット

  • 夜勤がある(施設や雇用条件による)
  • 高齢者が多いため、急変を起こすことがある

③デイサービス(通所介護)

デイサービス看護師

通所介護を行う施設で働く看護師です。

こちらも全く病院経験が無い新卒看護師は、採用が難しい職場と言えます。

老健・特養と同様で、ある程度の看護経験を積んで転職という形なら新人でも可能性はあります。

また、急変時以外の医療行為がほとんど無いため、ICLSのコースを受講して急変時の対応などを学んでおくと、採用される可能性が高まります。

デイサービス看護師の主な仕事内容

デイサービス看護師の主な仕事内容は、送迎・食事の準備・介助、入浴介助、レクリエーションの実施などが挙げられます。

デイサービス看護師のメリット

  • 医療行為がほとんど無いので、精神的な負担は少ない

デイサービス看護師のデメリット

  • 求人数が少ない
  • 給料が低い
  • 医療行為が少ないため新卒には不向き
看護roo!

④美容クリニック【おすすめ】

美容クリニックの看護師

あまり知られていませんが、新卒の看護師も美容クリニックで採用されています。

大手のクリニックだと1〜3年の臨床経験を採用条件としている所が多いですが、小規模〜中規模のクリニックであれば、数は少ないですが採用している所もあります。

実際に新卒で採用されている人もいます。

美容皮膚科で働きたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

実際に求人サイトを探してみる

求人サイトを探してみる

 

今回は新卒でも働ける可能性のある職場を紹介してきましたが、臨床経験を積むと看護学校の教員や、会社の医務室で働く企業看護師など看護師資格を活かして病院以外で働ける就職先がたくさんあります。

私が知っている人の中には看護師1年目で病院を辞めて、保育園に看護師として就職した人もいました。

簡単ではありませんが、新卒でも病院が嫌で転職することも可能です。

新卒の看護師が最も就職・転職しやすいのは、やはりクリニックや診療所です。

もしあなたが、新卒で病院に就職した後、ストレスや不安で苦しんでいるのであれば、転職を本気で考えて下さい。

記事下のコメント欄から、直接相談して頂いても構いません。

そのまま無理して続けた場合、うつ病などのメンタルの病気になる可能性があります。

本気で病院以外の転職先を考えているのであれば、今すぐ就職先を探す必要があります。

ただでさえ、新卒の看護師は採用される職場が限られているのに、同じ状況の新人看護師がたくさんいるからです。

募集が埋まる前に、早めに情報を集めて行動してく必要があります。

看護師求人サイトは、関東・近畿・東海エリアであれば「看護roo」がおすすめです。

地域に特化しているからこそ、他のサイトでは取り扱っていない優良な求人を紹介してくれます。

全国対応している求人サイトでは「看護のお仕事」が圧倒的な人気があります。

登録から就職決定までサポートは完全無料です。

求人サイトの登録はこちら

利用者満足度No.1【看護roo】で求人を探す

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました