80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

看護師の教科書は処分する?捨てるよりも売る方が絶対に良いよ!

看護師あるある

看護師国家試験が終わった後は、いよいよ卒業し就職です。

そして働き始めて悩むのが、学生時代に使った大量の教科書や参考書です。

入学時に大量に教材を購入させられて、相当ビビったのは私だけじゃないはずです。

とにかく量が半端じゃないです。

学生時代は本棚を買ってきて、収納しないと収まらない量ですよね。

そんな教科書や医学の専門書ですが、働き始めるとビックリするくらい使いません(笑)

基礎看とか倫理学の本とか本当に使いません。

今はググれば何でも出てきますし、医師が書いているものや、公式サイトによる信頼性の高い内容のものも数多くあるため、疾患別でも調べる事ができます。

そもそも所属する科の勉強がメインになるので、自分が働ないであろう診療科の医学書を持っていても使い道がないのです。

でも捨てるには惜しい気もして、なかなか処分できずに困っている人も多いのではないでしょうか?

私も5年くらいずっと持っていましたが、さすがに使わないと判断し、一気に処分しました。

比較的新しい本や、ほとんど使っていない本は古本屋に持っていきましたが、ほとんどお金になりませんでした(涙)

残りの1%の本は「いつか使うかも」とまだ未練を残しつつ、使われる事なく実家に眠っています。

みんなどうしてるのかと疑問に思っていましたが、同級生に聞いてみるとやはり大半の人は捨てたようです。

でも、そんな教科書や専門書を高値で買い取ってくれるおすすめの会社(業者)を見つけました!

私のように大量の書籍を捨てたり、数円にしかならない古本屋に持っていくのではなく、お金に替えつつ人の役に立てましょう

看護師の教科書は処分せず売る

株式会社ブックスドリームが運営している専門書アカデミーでは学校で使用していた教科書や、医学書を買い取ってくれます。

◎買取りしているのは以下の通りです

  • 大学や専門学校の教科書
  • 医学系(医師・看護師・介護福祉士・リハビリ・薬剤師など)の専門書
  • 予備校のテキスト
  • 資格試験・就職試験の教材(TOEICなどの教材も対応)など

送付用のダンボールも無料で配布され、10冊以上は送料も無料になります。

そして、書き込みが汚れがあってもOKなんです

もちろん新書であればあるほど、高価格で買取してくれます。

幅広く扱っているため、学校で扱っていた本や教材・参考書はほとんど網羅していると思います。

医療関係の本は購入時は高額ですが、大手の古本屋で買取りを依頼すると雀の涙ほどにしかなりません。

こうした専門書の買取りに特化した業者の情報は少ないため、非情にありがたいです。

Amazonに商品として出品するという手もありますが、手間を考えるとやはり買取りしてもらった方が圧倒的に楽でしょう。

また、身内や友人で看護学校に入学する予定の人がいるのであれば、売らないという選択肢もありだと思います。

私は身内から教科書を大量に頂いたため、入学時に学校側と交渉して、不足分の教科書や参考書のみ購入しました。

費用は1/3程度に抑えられたと思います。

特に看護学校に入学する知人が居ない場合は、売ってしまって良いでしょう。

医学書や専門書は捨てる前にまず相談を

10冊以上であれば、ダンボールの無料配布も含めて送料、査定額、処分料が全て無料なので、不要な本があるのであれば、見積もりも兼ねて気軽に相談してみてはいかがでしょうか^^

ただ捨ててしまうだけだともったいないですが、誰かの為に役に立つと考えたら、快く送り出せそうな気がします。

今思えば捨ててしまった本が、本当にもったいなかったと思います。

私のような思いをしないためにもぜひお試し下さい♫

◎主に買い取りしている教材

  • 参考書や専門学校の教科書
  • 医学系(医師・看護師・介護福祉士・リハビリ・薬剤師など)の専門書
  • 予備校のテキスト
  • 資格試験・就職試験の教材(TOEICなどの教材も対応)など

相談・査定は公式サイトから

あなたの大学教科書・専門書・医学書 高く買います!!全国送料無料「専門書アカデミー」

タイトルとURLをコピーしました