今さら聞けないベストセラー本『7つの習慣』の原則をまとめて要約

スポンサーリンク
脳科学・ビジネス本

世界的名著で、未だに売れ続けているメガヒット本『7つの習慣

累計なんと3000万部超え

思考は現実化すると並んで、自己啓発本のバイブル的な本です。

仕事や日常生活で役立つ内容がたくさん詰まっていたので、簡単にでも内容は理解しておいたほうが良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7つの習慣の原則はインサイド・アウトとパラダイム・シフト

7つの習慣に入る前に、まず2つの横文字について知っておかなければなりません。

・1つ目はインサイド・アウトです。

自分の内面から外側へ働きかける」という意味で、何か問題が起こったときに環境や他の人のせいにすることなく、まず自分自身の物事のとらえ方、動機に目を向けて状況を変えていこうとする考え方です。

・2つ目はパラダイム・シフトです。

パラダイムとは、時代や風潮中で常識や前提だとされていること。つまり、私たちが「当たり前」だと思っていることです。

パラダイムシフトとはその当たり前の常識や前提が大きく変わることや変化に対応する事を意味します。

著者スティーブン・R・コビィーはパラダイムについて次のように語っています。

私たちは世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままに(条件づけされたままに)世界を見ているのだ。

私達は眼の前の出来事に対して、バイアス(思い込みや個人の偏った見解)があったり、色眼鏡をかけた状態で物事を見ています。

物事の本質や時代の変化に応じて、考え方を変える柔軟性が必要になります。

第一の習慣 主体的である

私達の行動は自分自身の選択と決定の結果であり、私達は感情を抑えて自らの価値観を優先させることができます。

「主体的」とは、自発的に率先して行動することだけを意味するものではなく、自分で選んだ人生の責任を引き受けることも意味します。

何か起きた時は、それは他人のせいではなく、自ら招いたこと。

「自分が源泉である」という事を自覚しなければなりません。

主体的であれば、率先して自らの人生をつくっていくことができます。

第二の習慣 終わりを思い描くことから始める

人生の最後をどのように過ごしたいか、または死後に家族や友人に「どのような人であったか」という印象を持たれるかをイメージします。

この習慣を身につけるには、個人のミッションステートメント(自分の人生における信念や価値観)を明確にしておく必要があります。

  1. どのような人間になりたいのか(人格)
  2. 何をしたいのか(貢献・功績)
  3. それらの土台となる価値観と原則

土台となるものが人や物では依存が生まれ、バランスが崩れてしまうことがあります。土台におくべきなのは、公平さ、誠実さなど、あなたが最も大切にしたい価値観を選びます。

第三の習慣 再優先事項を優先する

物事を4つ領域に分け、優先事項を明確にします。

まず最初にやることは事は全てのタスクを書き出すこと。

すぐにやらなければならないこと、やろうとしていたけど忘れていたこと、やりかけていたけど中断していること、やろうかどうか迷っている事など、思い浮かぶ事や現状で明確になっている事を全て書き出します。

書き出したら、項目を4つに分類します。

①第一領域 緊急で重要なこと

第一領域は

  • 締め切りが迫った時間的期限があること
  • 災害、病気や事故の対応
  • 大切なクライアントとの急な約束や面会 など

②第二領域 緊急性は無いが重要な事

第二領域は

  • 人間関係やコミュニティの構築
  • 仕事や勉強の準備や計画
  • 健康維持や自己啓発
  • 家族や大切な友人と過ごす時間

③第三領域 緊急だが重要ではないこと

第三領域は

  • 日々の会議や報告書
  • 重要ではないメールの返信
  • 来客対応
  • 無意味な行事や会社の慣習事

④第四領域 緊急でも重要でもないこと

第四領域は

  • 待ち時間
  • テレビやネット、SNSでの浪費時間
  • 用件もない長電話
  • 暇つぶし(ソーシャルゲームなど)

人によっては上記に上げた項目が別の領域に入るものもあると思います。

最初は自分の基準で考えてみると良いと思います。

大切なのは何を優先し、何を減らしていくかです。

七つ習慣では「第二領域で使う時間を増やし、その他の領域で使う時間は全て減らしてく事が大切である」ということが提言されています。

著者スティーブン・R・コビィーは、時間を管理するという発想自体が間違っているとも語っています。

何かを始める時に大切なのは、やらない事を決めることだ

多くの著名人が言っているように、まずはやらない事を決める事が大切です。

 

  • やる事を決める前に、まずはやらない事を決める
  • 時間は管理できない。管理できるのは自分自身だけ

第四の習慣 Win-Winを考える

Win-Winとは、すべての人間関係において、必ずお互いの利益になる結果を見つけようとする考え方と姿勢。

Win-Winのパラダイムは、人生を競争の場ではなく、協力の場と捉えます。

Win-Winが成立しなければ、「どちらかが妥協する案しか解決策がないならば、どちらの方法もとらない」という考え方を持つことも大切です。

 

第五の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

私達は無意識のうちに、自分の過去の経験を相手の話に重ね合わせてしまいます。そのため、人の話を聞きながら同意したり反対したり、自分の視点から質問したり助言したりしがちになります。

しかし、そうすると相手は理解されたと感じられなくなってしまい、結果として自分の事も理解されづらくなってしまいます。

そのため、共感のための傾聴が重要です。

「共感のための傾聴」の4つのステップ

  1. 相手の言葉をそのまま繰り返す
  2. 相手の言葉を自分の言葉に置き換える
  3. 相手の気持ちを言葉にする
  4. 相手の言葉を自分の言葉に置き換えると同時に、相手の気持ちも言葉にする

4つのステップを踏むことにより、相手は自分の話や助言を受け入れやすくなります。

第六の習慣 シナジーを創り出す

シナジーとは相乗効果の事。

個々の総和よりも大きくなり、相互がそれぞれ出す最初の案から新たな案を生み出すことができます。

第4と第5の習慣を意識し、お互いの信頼関係があることが前提条件です。また、互いの違いを尊重することがシナジーの本質。

わたしたちは相手が自分と違う考えや価値観を持っていると、違和感を感じてしまうものです。そして、多くの場合ネガティブな感情がわきやすいのです。

しかし、違うことでしか創造的なものは生まれません。相手も自分も同じ意見ならば進歩が生まれないので、違いを受け入れ尊重する事が大切です。

第七の習慣 刃を研ぐ

他の6つの習慣を果たすために、最も重要な4つの側面を維持し高めていくための習慣です。

  1. 肉体的側面〜運動、栄養、休息
  2. 精神的側面〜価値観の明確化、感情のコントロール、瞑想
  3. 知性的側面〜読書、学習、適切なアウトプット(表現と発信)
  4. 社会・情緒〜共感、シナジー、他者との繋がりと奉仕。

普段の生活から、これら4つの側面を高める事を意識していきます。

要約まとめ

1〜3の習慣は自分を見つめ直す私的成功の習慣

4〜6の習慣は他者との結びつきからの公的成功の習慣

7の習慣は両者を結びつけて、自分を高め続ける事

第五の習慣で伝えている傾聴は看護師に最も重要なコミュニケーション手段であったり、第六の習慣のシナジーは日々のカンファレンスを表していたりと、ナースのお仕事要素がたっぷり詰まっておりました。

もちろん主体性が大切だし、優先順位に沿って行動しなければならない事も同様です。

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました