80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

シップナース(船上看護師)の求人募集や給料。資格や英語力は必要か

珍しい職場

看護師が働ける場所は病院だけではありません。

刑務所で働いている看護師もおり、船の上で働く事さえできるのです。

この記事ではシップナースとして働くための条件や募集求人や資格などを紹介しています。

 

 

①シップナース(船上看護師)とは

シップナース(船上看護師)とは

文字通り船の上で仕事をする看護師です。

船の上で病気や怪我をするとすぐに病院に向かうことができません。

そのため、医師や看護師の役割が非常に重要で一人ひとりの責任感が大きい仕事だと言えます。

持病を持ち、定期的に処置やケアが必要なお客さんが乗船してくることもあるので、その都度対応が必要です。

幅広い知識と一通りの看護技術があることが条件となります。

船に乗った以上は、離陸するまでメンバーの変更はできないので、コミュ二ケーションスキルも必須です。

②シップナースの募集求人・給料

シップナースの募集求人・給料

時々ネット上でも求人を見かけますが、多くの場合は非公開求人です。

病院と違っていつでも募集しているわけではないので、求人紹介サイトに登録し、担当者にシップナースの募集求人が出た時に情報を伝えてもらうのが基本となります。

転職サイトに事前に登録しておき、求人が出た時点で担当者から知らせてもらうのが最も効率的です。

もともと求人数がとても少なく、経験者が優遇される事が多いため、自分で探そうとしてもなかなか希望の求人を見つける事ができません。

③シップナースに資格は英語力は必要か?

シップナースに資格は英語力は必要か?

基本的には看護師資格を持っていれば良いですが、企業によってはACLSの取得や、海外企業の場合TOEFLやIELTSの英語力を条件としている会社もあります。

シップナースに限った事ではないですが、どの職種も最低3年以上の臨床経験を要する場合が多いです。

ACLSに関しては下記の記事にて詳しく書いています。

資格を必要としなくても、ICLSは受講しておきましょう。

 

④とにかく求人数が少ないので、現実的に考えるなら…

シップナース(船上看護師)の求人募集や給料。資格や英語力は必要か

船上看護師は責任感と知識が必要となりますが、自分の専門性を生かしたり船での旅が好きな人にはやりがいのある仕事だと思います。

しかし、前述したように
とにかく求人数が少なく、経験者が優遇されACLSの資格を保有している事を条件としているなどハードルも高いです。

転職を考えるのであれば早めに行動する事が大切です。

また、船上看護師に限らず転職を考えるのであれば下記の記事が参考になるので、ぜひ読んでみて下さい。

実際に転職に成功した人や、失敗した人のコメントも見る事ができるので参考になると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました