80%以上の人が転職に失敗する3つの共通点とは… >>

訪問看護師として就職が決まりました!明日デビューです!!

訪問看護

当サイトは主に情報サイトとして運営していますが、本日は個人的な事を書かせていただきます★

昨年の9月(2018年)以降、病院を退職し

当サイト『ナースのメモ帳』を中心とした広告収益で生活をしてきましたが、明日から訪問看護師として職場復帰する事が決まりました\(^o^)/

約9ヶ月ぶりに看護師復帰です。

今まで病院では6年以上働いてきましたが、訪問看護師として働くのは初めてなので、大きな楽しみと少しの不安を抱えております。

なぜ看護師に復帰するのか、なぜ訪問看護を選んだのかも含めて書いていきます。

1. 看護師に復帰する理由は?

webサイトを始めた頃は

『もう自分は臨床では働かない!』

と周囲に宣言していました(笑)

復帰する理由は大きく分けて2つあります。

①広告収入が安定しない

この9ヶ月は、当サイト『ナースのメモ帳』を中心とした広告収益で生活をしていましたが、なんせ最近はgoogle様がご乱心で、同じ記事でも検索順位が全く安定しないのです。

特定のキーワードで1位、または1ページの上位表示を取れていても、翌日にはいきなり100位とかに飛ばされます。

だいたい検索から記事を読みに来る人は1ページ目にある記事しか読んでくれません。

圏外に飛んだ記事は読まれず、広告収益が発生しません。

こうした背景から、収入がとてつもなく不安定なのです。

②人との関わりが大幅に減った

webサイト運営の仕事をしていると、ほとんどの仕事がパソコンを使って行う事になります。

そうなると人と会う機会が大幅に減ります。

「パソコンから離れる=収益の機会損失」

のような感覚を持っていました。

「人と遊んでるくらいなら、一つでも記事を書いた方が良い」と思ってた時期もあります。

ただ、人と全く会わなくなると、生きがいを感じにくくなります。

私の場合、シェアハウスに住んでいるので幸い毎日シェアメイトには会うことができます。

もし一人暮らしだったら、今頃うつ病になっていたのではないでしょうか。

強い孤独を感じる事は、タバコを吸い続けるよりも心身への弊害が強い事が示唆されています。

この2つの理由があり、今回看護師として再出発する事にしました。

2. 病院での復帰を選ばなかった理由

webサイトを運営していく中で、健康に関する事をたくさん勉強しました。

食事・睡眠・運動・心理…

これまでは病院での経験しか無いので、病院への復帰も考えましたが病院には夜勤があります。

夜勤が及ぼす心身の影響は自分たちが思っている以上に大きいのです。

また、今は乗り切る事が出来ても、40代・50代になった時に肉体的な負担を感じます。

そうした理由から、夜勤が無い職場を選択する事にしました。

(病院勤務でも夜勤をやらないという選択肢もありますが、給料が大幅に低下する上に、日勤のみの方が業務の負担は大きくなったり疲れを感じる事があります)

3. 訪問看護師を選んだ理由

自分の中でやりがいを持てる仕事を探していました。

サイト運営をしてきたので、それを生かして看護系の広告企業での仕事や、全く別ジャンルの美容クリニックでの仕事を探したりもしました。
(探した結果はあまり望ましいものではありませんでしたw)

そんな中たどり着いたのが、訪問看護師です。

限られた時間内ではありますが

『一人一人との関わりをしっかり持つことができるのが魅力』

とよく言われますよね。

数ある訪問看護で現職場を決めた理由は

  • 休みが超充実していたため

年間休日が125日(公務員の休日+1日)あるうえに、土日・祝日は基本休み

ゴールデンウィークや年末年始も5〜6連休ある上に、夏季休暇として年休込みで毎年9連休を取れるという超破格の条件

超過勤務(残業)はほとんどなし

(ただし土曜は月1回程度交代で出勤)

「看護の職場でそんなところあるの?」

と言われそうですが、マジであります。

土日・祝日の出勤が固定化されている職場もあるので、そこは求人をよく確認した方が良いです。

給料も悪くありません。

なぜなら今は国が医療費の削減に力を入れているため、在宅医療にお金が流れています。

夜勤をやらない訪問看護でも、関東なら役職に就いていないスタッフでも500万円を超える求人もあります。

それくらい訪問看護には財政が動いています。

今まで夜勤で疲弊していたのは何だったんでしょうか…

4. 職場選びは妥協してはいけない

現職場を見つけるのにはトータルで2ヶ月近くかかりました。

今まで職場を選ぶ時は1つの転職サイトに登録して、条件を伝えて一通り求人を案内してもらったら、その中から面接を受けて決めていました。

それでは全然足りませんでした。

実際、前職場はリサーチが甘かった事もあり3ヶ月で退職する事になりました^^;

今回は最初から3つの転職サイトに登録して、人生で初めてハローワークにも行き自分で求人の検索もしました。

その中から求人を探して、面接を受けて行きました。

今回採用された職場以外でも2ヶ所で内定を頂きましたが、自分の条件面に納得するまで職場を探しました。

転職サイトの担当者によっては

「この求人は人気なのですぐに募集が埋まってしまいます。早めの応募をお勧めします」

などのうたい文句を言ってくる人もいます。

焦らず自分のペースで探せば良いので、言葉に惑わされず求人情報どんどん出してもらいましょう。

本気で職場を探している意志を伝えると、担当者も多くの求人を紹介してくれます。

私の場合は転職サイトとハローワークだけで70社以上の求人を見ていると思います。

それくらいじっくり決めました。

またしつこい担当者は途中で変えてもらう事も出来ます。

実際に私も変えてもらいました。

担当者が変わると、相手は「自分は変えられるわけにはいかない」と考えるので、より丁寧に接してもらう事ができ、求人紹介の視点も変わるのでお薦めですよ(^^)

私が実際に利用した転職サイトは下記の記事にまとめています。もし転職や訪問看護に興味があれば、時間を掛けても納得行くまで探してみて下さい。

何度も転職に失敗した私がようやく見つけた【転職の成功法則】とお勧めの転職サイトまとめ
近年、転職を支援をする会社が増えすぎて、どこの会社を選べば良いのかわからない現状。 それぞれの会社の特徴や、実際に使ってみた感想も含めて書いています。 病院以外での転職先を探している方にピッタリな転職サイト、入職時に就職祝い金がもらえるサイトなども書いているので学生さんも含めて必見です!

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました