ナースに人気の転職サイト比較  >>

ストレスは寿命を延ばす?今まで悪者扱いされたストレスの真実

自己理解

世の中には”一般常識“だと思われている歪んだ認識が数多くあります。

これから紹介する「ストレス」も世間的には “有害なもの” として広く知れ渡っています。

「ストレスフリーな生活をしましょう!」などの言葉も聞かれますね。

しかし、近年ストレスは有害ではないむしろ寿命を延ばす効果もあるとさえ言われています。

具体的にどういった反応が起きているのか。

この記事では、ケリー・マクゴニガル著書のスタンフォードのストレスを力に変える教科書」を基に説明していきます。

スポンサーリンク

本当にストレスは健康に悪いのか?

スタンフォード大が3万人の被験者を対象に8年間の追跡調査をした結果

強度のストレスを抱えていた人は、死亡リスクが43%も増加した

ここまでの内容だと、「ストレス=有害」だと考えてしまいます。

しかし、詳細を調べてみると意外な事実が見えてきました。

以下、本書抜粋

ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた参加者のなかでも、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけだったのです。

わたしはまさにこの点に注目しました。

強度のストレスを受けていた参加者のなかでも、「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、死亡リスクの上昇は見られませんでした。

それどころかこのグループは、参加者の中でもっとも死亡リスクが低かったのです。ストレスがほとんどない人たちよりも死亡リスクが低かったのですから、驚きです。

つまり、強いストレスを感じている人の中でも「ストレスは体に悪い!」と思っていた人は実際に悪影響がありそう思わなかった人はむしろ良い影響があった!という結果となりました

ストレスそのものが目に見えるものではなく個人の概念なので「ストレス=有害」という考え方は捨てた方が良いのは間違いなさそうです

YouTubeにTEDで行われたケリー本人のスピーチが上がっていました。
字幕ボタンで日本語字幕で見られます。15分程度のスピーチなので、時間のある時にぜひ御覧ください。素晴らしい内容です。

大きく分けると以下の3つの内容で構成されています。

  • ストレスの考え方と死亡率の関係
  • ストレスを感じた時の身体反応と考え方
  • オキシトシンと人間関係

2番目の身体反応の捉え方に関しては、心理学用語でリフレーミングという方法です。

直訳するとリ(=もう一度) フレーム(=枠組み)

つまり「枠組みし直す」という意味で、事実を別の角度から見て、捉え方を見直すという方法です。

具体的な例だと

何か苦手な仕事に取り掛かる時に「これ嫌だな。めんどくせーな」と思うのではなく、「これを乗り越えればオレは1つ成長できる!」と、考え方の枠組みを変える方法です。

実際にこれで身体に起こる反応が変わってくるのですごいですよね。

これは意識付けをすれば、すぐにでも出来るようになるので、ストレスを感じた時はぜひ実践してみてください。

 

まとめ

本書で伝えていることは「ストレス=身体に悪い」と思っていると本当に悪影響が出ちゃうということ。

ストレスを感じたら「自分は今挑戦をしているんだ!」と、困難な状況に対しての枠組みを変えてみると良いです。

つらい事に耐えたり、我慢するという考え方ではなく「乗り越えて成長する」という考え方が心身ともに健康を与えてくれるようです。

ストレスが多い世の中だからこそ、ストレスを力に変えて自分を成長させていきましょう。

自己理解
スポンサーリンク
はっしーをフォローする
スポンサーリンク
このブログを書いている人
はっしー

看護師歴6年半。北海道出身で現在は都内のシェアハウス在住。
日常生活で役に立つことや健康、看護師に関する記事を書いています。
セブ島で留学、カナダでワーホリ、アメリカ大陸を縦断した経験あり。
ツイッターもしています(^^)

はっしーをフォローする
スポンサーリンク
ナースのメモ帳

コメント