インフルエンザでカロナールを使うのはなぜか?でも効かない事も…

スポンサーリンク
インフルエンザ

インフルエンザやインフルエンザ疑いの時に、解熱剤を飲むどうか迷う事がありますよね。

もちろん高熱が出ていたり、強い頭痛を感じる時は病院に行くのが1番良いのですが、家のすぐ近くに病院がなかったり、夜中の場合はすぐに病院に行く気になれない事がありあます。

そんな時に、常備薬として置いてある薬に頼りがちですが、インフルエンザの時の薬は気をつけなければなりません。

この記事ではインフルエンザや、インフルエンザの疑いがある時飲んでも大丈夫な薬を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バファリンやイブ、ロキソニンはインフルエンザ脳症を起こす可能性がある

バファリンやイブ、ロキソニンはインフルエンザ脳症を起こす可能性がある

常備薬として最もポピュラーな痛み止めや熱冷まし(解熱鎮痛剤)として使われるのが、市販で売っているバファリンやイブ、ロキソニンだと思います。

しかし、これらの薬はNSAIDS(エヌセイズ)と呼ばれる薬の総称群で、インフルエンザ脳症を引き起こす可能性があります。

これは別の記事で書いているので、ここでは省略します。

インフルエンザの時はカロナール(アセトアミノフェン)

インフルエンザの時はカロナール(アセトアミノフェン)

インフルエンザの際に臨床で処方される薬は主にカロナールです。

カロナールはアセトアミノフェン製剤と呼ばれる薬の総称群に含まれており、同様の成分でアンヒバ座薬があります。

その他、ドラッグストア等でも購入できるものであればタイレノールAがあります。

アセトアミノフェン製剤はNSAIDSには該当しないため、インフルエンザ脳症を引き起こす原因にはなりません。

インフルエンザで適応になる解熱薬や鎮痛薬は、基本的にアセトアミノフェンだけです。

(麻黄湯も処方になる事がありますが、解熱目的ではありません)

カロナールやアンヒバの適応

カロナールやアンヒバの適応

カロナールやアンヒバの適応として、主に子供の解熱や鎮痛、風邪を引いた時の症状の緩和に使われます。

大人でも腎機能が低下している方や、胃腸に炎症や障害がある人に使われます。

これは、前述したNSAIDSが、腎機能の低化や胃潰瘍、胃穿孔などの副作用があり、小児には推奨されていないためです。

カロナール、タイレノールを飲んでも効かない時がある

カロナール、タイレノールを飲んでも効かない時がある

カロナールやタイレノールを飲んでも効かないと感じる事がありますが、大きく分けて3つの要因があります。

  • インフルエンザで熱が上がっている途中
  • カロナール、タイレノールの服用量が少ない
  • 薬が合わない

・インフルエンザで熱が上がっている最中

熱の上昇期間にカロナールなどの解熱剤を内服しても、薬理効果が相殺されてしまう事があります。

ロキソニンなどの頓服薬も「発熱時は38℃以上で内服してください」と言われる事があります。

ある程度、熱が上がり切った段階にならないと効果を十分に発揮できません。

・カロナール、タイレノールの用法・容量が守られていない

これは本当にびっくりしますが、用法や容量を守らないで内服する方が意外と多いのです。

  • 「子どもに飲ませる時にこの量だから」
  • 「他の薬と同じか思った」
  • 「たくさん飲めば効くと思った」

などの理由で、なんとなく飲む人も多いです。

カロナールの錠剤は200mg、300mg、500mgがあり、体重により容量が変わります。

病院で処方される際も容量を確認してください。

・薬が合わない

同じ薬剤でも「熱が下がる・下がらない」「効く・効かない」は人の体質によって異なります。

場合によっては、副作用が出ることもあるので、十分に注意してください。

熱が下がらなかったり、効かないと感じた時はどうすれば良いか?

熱が下がらなかったり、効かないと感じた時はどうすれば良いか?

解熱や鎮痛効果が無いと感じたら、その時は素直に病院に行き医師の指示に従いましょう。

インフルエンザは家で寝ていても排菌されれば治る病気ですが、一方で、重篤化すると亡くなったり、脳症になる病気でもあります。

安易に考えず、インフルエンザが流行している時期に体調が悪い時は、なるべく受診する心がけをしてください。

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました