新薬ゾフルーザ錠の特徴と作用機序。24時間後の効果やタミフルとの違い

スポンサーリンク
インフルエンザ

毎年秋から冬にかけて、インフルエンザが猛威をふるっています。

過去にインフルエンザにかかって、苦しんだ人も多いのではないでしょうか?

そんな中、塩野義(シオノギ)製薬が2018年3月に新たな抗インフルエンザ薬としてゾフルーザ錠を発売しました。

ゾフルーザ錠の特徴や作用機序、効果、注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゾフルーザ錠の特徴

ゾフルーザ錠の特徴

ゾフルーザの特徴は、なんと言っても1度の内服で治療が完結するという点です。

抗インフルエンザ薬として最も主流であるタミフルは、1日2回を5日間服用となっており、はっきり言って面倒でした。

フラフラだったら服用したかどうかも曖昧になってしまいますし、飲み忘れたから2回分を1度に服用しようとしてしまう人もいます。

吸入薬のイナビルも1度の服用で完結する薬ですが、粉薬を吸い込むのは小さなお子さん(小児)や高齢者には難しく、誤嚥により肺炎の原因となる事もあります。

点滴薬のラピアクタも1度の輸液で完結しますが、通常内服や吸入が困難な高齢者などや小児が対象となります。

今回のゾフルーザは錠剤を飲むだけなので、最もハードルが低いと言えそうです。

 

主要な抗インフルエンザ薬の治療期間や種類は以下の通りです。

  • タミフル(内服)  5日間(1日2回)
  • リレンザ(吸入)  5日間(1日2回)
  • イナビル(吸入)  1回のみ
  • ラピアクタ(点滴) 1回のみ
  • ゾフルーザ(内服) 1回のみ 

ゾフルーザ錠の用法用量

ゾフルーザ錠の用法用量

用法は前述した通り1度の内服で完結です。

容量は1錠20mgで薬のしおりによると、基準は以下の通りです。

  • 成人および12歳以上の小児は1回2錠(主成分として40mg)を服用。
  • 体重80kg以上の場合は1回4錠(80mg)を服用。
  • 12歳未満の小児は、体重40kg以上の場合1回2錠(40mg)
  • 体重20kg以上40kg未満の場合1回1錠(20mg)
  • 体重10kg以上20kg未満の場合1回10mg

インフルエンザウィルスが24時間後にほぼ消失

インフルエンザウィルスが24時間後にほぼ消失

ゾフルーザのもう1つの特徴が、ウイルスの排出(排菌)速度が速いという事です。

抗インフルエンザ薬として、タミフルやリレンザを服用したグループは排菌にかかるまでの時間が72時間かかったのに対し、ゾフルーザは24時間後にはほぼ排出されました。

これは感染の拡大を防ぐことが期待されています。

今までは治療開始後から排菌されるまでの3日間の間に、家族や同僚などへの感染がありましたが、体内でのウィルス滞在期間が24時間であれば、感染拡大のリスクを大幅に減らす事ができます。

ゾフルーザ錠の作用機序

ゾフルーザの作用機序

塩野義製薬のホームページ(PDF資料)によると作用機序は以下のように記載されています。

インフルエンザウイルス特有の酵素であるキャップ依存性エンドヌクレアーゼ[cap-dependentendonuclease(CEN)]に作用し、インフルエンザウイルス遺伝子からの転写反応を阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑制します。

タミフルなどの従来の薬は、増殖したインフルエンザウイルスが細胞から別の細胞へ移動する事を妨げることで、病気の進行を抑えてきました。

一方、ゾフルーザ錠は細胞の中でウイルスが増殖する仕組み自体を遮断し、増殖そのものを抑える働きがあり、感染した後の重症化を防ぐ効果も期待もされています。

 

タミフルとゾフルーザの違いです。

  • タミフル  → 特定の細胞で増殖したウィルスが別の細胞に広がるのを防ぐ
  • ゾフルーザ → ウィルスの増殖そのもの防ぎ、身体からの排出も早める

 

ゾフルーザとタミフルの違い
(出典:東京新聞)

 

作用機序に関してはシオノギ製薬のHPの動画ページを見ていただくと、より専門的な内容を知ることができます。

 

インフルエンザウイルスの増殖過程とゾフルーザの作用機序(シオノギ製薬HP動画)

抗インフルエンザ薬の薬価(値段・価格)

抗インフルエンザ薬の薬価(値段・価格)

主に使われているインフルエンザ治療薬は以下の通りです。

インフルエンザ治療薬の薬価
(出典:Nikkei Style)

薬剤コストとしては最も高いのがラピアクタで、その次がゾフルーザ、イナビルとなっており、やはり1回の使用で完結する薬剤が高薬価となっています。

いずれも市販での購入はできないため、医療機関で検査を受け、医師に処方していただく形となります。

ゾフルーザ錠の注意点は症状の改善

ゾフルーザ錠の注意点

ゾフルーザ錠には症状に対する注意点があります。

効果として「24時間後にウィルスが体内から排菌される」と書きましたが、発熱や関節痛などの症状に関しては平均で3日(72時間)ほどかかり、タミフル等と変わりないそうです。

「早くウィルスがいなくなる=早く改善する」という事ではないのです。

症状が変わらないのであれば、金額の安いタミフルの方が良いと考える方もいるかもしれまんせん。

しかし、感染拡大を防ぐ効果や、1度の内服で終了するという点を考えると、タミフルとの違いは明確で、優秀な薬だと言えそうです。

まだ発売されたばかりなので、今後の動向に注意しながら服用者の経過や感染の広がりの有無を見ていく必要があります。

 

 

インフルエンザが「1日で治る」にも注意

「インフルエンザが1日で治る」に注意

「治る」という基準を「症状が無くなる」という解釈にするか「ウィルスが体内から排菌される」という基準にするかで、考え方は変わってきます。

ここでは「どちらも満たす事」を条件に考えていきます。

前述したように、ゾフルーザ錠は、1回の内服で24時間後に体内のウィルスがほぼ排菌されますが、発熱や関節痛などの症状は続いています。

ゾフルーザ発売前にも、タミフルなどの内服でたまたま「熱が1日で下がった」という事もあります。

これで「治った」と勘違いをしてしまい、人通りの多い所に外出してしまうと、他の人への感染が広がってしまう恐れがあります。

文部科学省の学校保健安全法施行規則による出席停止期間の基準は「インフルエンザ発症後5日間かつ解熱後2日間」としているため、一度インフルエンザに罹患した場合は、少なくても5日間は家で安静にしていましょう。

他にも一回の点滴で治療が終了するラピアクタや、一回の吸入(粉末を吸引)で治療が終了するイナビルなどがありますが、同様に注意が必要です。

熱が下がったからといって、安易に多くの人が居る所に出ないようにしましょう。

特に小さな子どもがいる場合は注意が必要です。

 

※2019年1月にゾフルーザに耐性ウィルスが報告されています。

コメントフォーム

タイトルとURLをコピーしました