看護師国家試験の効率的な勉強方法。過去問と必修・予想問題集を攻略

スポンサーリンク
看護師国家試験

看護学生の最終学年に待ち受ける看護師国家試験。

年に1回しかないため、何が何でも合格しておきたいところです。

本番の前に模試を受けていると思いますが、結果が散々で「落ちそう」「受かる気がしない」と思っている人も多いでしょう。

試験は2月なので、いつから勉強を始めればよいか日程を考えて勉強していきましょう。

この記事では効率的な勉強方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師国家試験の効率的な勉強方法とは?

看護師国家試験の効率的な勉強方法とは?

①必修問題の勉強方法

言うまでもなく、最優先事項は必修問題です。

必修問題は80%以上の正答率が無いと、一般問題でどんなに点数を取っても

必修問題集は、プチナースの予想問題集が人気のようですね。

今は数え切れない出版社から山のように予想問題集が出ているので、実際に書店に行って自分好みのイラストや文字構成となっている本を選ぶと良いでしょう。

読みにくい本を買ってしまうと、なかなか勉強が進みません。

苦痛なく本を開けるような問題集を選ぶのがベストです。

 

②一般問題の勉強方法

一般問題の対策は、最低でも過去5年分の過去問を解きましょう。

過去問集はどれも問題と正解に変わりはありませんが、解説が異なります。

個人的に使いやすくかったのは、医学書院の過去問集です。

1ページ目から順番に勉強していっても良いのですが、それは十分に時間のある人限定です。

この勉強方法はお勧めしません。

それよりも配点が高い範囲から責めていくのがセオリーです。

私は看護概論など点数配分が低い割に覚えにくい項目は、ほとんど勉強しなかったです。

それよりも解剖生理学はフィジカルアセスメントの理解に時間をかけるようにしていました。

いつから勉強を始めるかは人それぞれですが、早いに越した事はありません。

③状況設定問題の勉強方法

一般問題とセットで解いていけば、特別な対策は必要ないかと思います。

国試で求められるのは高度な知識ではなく、簡単な問題を確実に解ける力です。

過去問や模試で答え合わせをしていると、必ず凡ミスがあるはずです。

この凡ミスをいかに減らしていくか合格の分かれ目です。

正直、全く検討もつかないような問題も度々登場します。

大丈夫です。

みんなわかりませんから。

そこで点数の開きは大きく変わりません。

あまりにも正答率が低い問題は、不適切問題として処理され採点からも除外されます。

医師国家試験で出るような問題に時間を割くよりも、簡単な基礎看護に関する問題をどんどん解いていきましょう。

もちろん時間があれば、難易度の高い問題も積極的に解いていく方が良いです。

看護師国家試験の本番よりも模試の方が難しい

看護師国家試験の本番よりも模試の方が難しい

模試を受けた事がある人は分かると思いますが、はっきり言って本試験(国試)よりも、模試の方が難しいです。

簡単過ぎて「余裕だわ〜」と学習を怠らないようにする狙いがあるのか何なのかわかりませんが、難解な問題が多いです。

3回の全国模試を受けて、テストのたびに点数が下がっていった事を覚えています(笑)

これは私だけでなく同級生全体的に同様の結果で「コレやばくない?」という雰囲気になっていました。

実際の本試験では、模試ほど難しくなかった記憶があります。

もちろん勉強して知識が身についた事部分もありますが、それを差し引いても難しい傾向にあるように思います。

就職後、後輩が入った時に模試と国試の話をすると、やはり同様の意見でした。

模試の点数を全く気にしないのも問題ですが、過度に心配する必要はありません。

予備校や直前セミナーに通うべきか

予備校や直前セミナーに通うべきか

個人的には全く必要性を感じません。

私は5年分の過去問集と必修問題集の2冊だけで合格できました。

学校のカリキュラムの影響(ケーススタディ)で、集中的に勉強したのは1ヶ月もないくらいです。

私の同級生たちもそんな状況でした。

一方で他の学校の生徒に聞くと、結構な人数が直前セミナーに通っていました。

みんなプレッシャーが大きく、自己学習だけでは不安だったようです。

実際に直前セミナーで勉強した問題がそのまま出題されたという話もたくさん聞きましたが、実際はセミナーに出て人たちの合格率や正答率はそんなに高くはありませんでした。

あくまで私の周囲の人間だけの統計なので一概には言えませんが、個人で普通に勉強すれば十分合格できます。

90%の人が合格できるように調整されている試験です。

前述したように必修問題対策と、点数配分の高い範囲から確実に攻めていけば合格に近づいていきます。

一通り過去問や予想問題集をやって、それでも心配であれば受講しても良いかもしれません。

最も有名なのはTECOM看護(ラスパ)の塙先生のセミナーです。

YouTubeでも国家試験対策の動画を上げているので、参考に御覧ください。

看護師国家試験前日にやるべき事

看護師国家試験前日にやるべき事

私は北海道の看護学校に通っていたのですが、試験会場は札幌にしかありません。

近くの地域であれば、前日に現地に入るのですが、私の学校は遠方だったため、降雪などの影響も加味して2日前から現地に入りました。

多くの学校では、基本的に生徒全員を同じホテルに泊まることを義務付けて、当日は生徒全員で行動します。

ただし、前年合格できず個人で再受験する場合などは、自分で会場までの道を必ず確認しておく必要があります。

今はスマホで簡単にルートの検索をできますが、それでも下見は必ず必要です。

服装は学校の指定がなければ、楽な格好が望ましいです。

タイトな服装(締め付けるようなきつめな服)だと、血行が悪くなり、思考力や判断力が衰えます。

ゆったりとした服装で、温度調整ができるよう羽織り物も用意しておくと良いでしょう。

夜はとにかくしっかり寝てください。

間違っても徹夜をして情報を詰め込もうとしないで下さい。

まとめ

まとめ

やみくもに勉強しても良い結果は出ません。

目的を持った学習をしないと試験日が近づくにつれて焦りが大きくなります。

とにかく簡単な問題を確実に正解できるようにする事に尽きます。

合格率は毎年必ず90%前後で調整されています。

勉強不足や凡ミスの積み重ねがなければ、高い確率で合格する事ができます。

応援しています!頑張って!

 

コメントフォーム