ナースに人気の転職サイト比較  >>

行動心理学

自己理解

暴飲暴食の原因「どうにでもなれ効果」を防ぎ失敗しない計画を立てる

誰でも勉強やダイエット、日記やブログなど自分に課題を持って、継続的に何かをやろうとした経験があると思います。そんな時、計画を崩してしまいがちな原因として挙げられるのが「どうにでもなれ効果(The what the hell effect)」です
自己理解

成長するためにはコンフォートゾーンを広げる必要がある

自分が快適だと感じる空間の事を、コンフォートゾーン(comfort zone)と言います。 居心地のいい空間なら、いつまでも居たいですよね。 でもいつまでの居心地のいい空間にいると、人間は楽をしたり、価値観が固定化されてしまい、変化に適応できなくなります。...
自己理解

意志の力に頼らず「やる気」を出す方法。脳の仕組みを理解しよう

「やる気を出さなきゃ!」と頭ではわかっていても、なかなかやる気って出てこないですよね。やる気が出ないから行動が起こせない。行動が起きないから結果が出ない。結果が出ないからやる気が出ないという負のスパイラルにハマってしまっている人も多いと思います。
自己理解

幸せが長続きしないのは「限界効用逓減の法則」のせいだった

新しい車を買ったら、しばらくは充実感があり幸せな気分になるでしょう。しかし、その幸せな気分は数年、人によっては数ヶ月で失っていきます。これは限界効用逓減(ていげん)の法則と言われ、所有する事に飽きてしまう状態の事を言います。この記事では注意点を含めて解説していきます
自己理解

自制心を奪うモラルライセンシングとは?防ぐための方法と対策

「今日は運動したから少しくらい食べてもいいだろう」この「少しだけ」が命取りです。せっかく余った時間や努力をムダにしてしまうモラルライセンシングを防ぐための方法や対策、その効果について説明していきます。これを読めばもう大丈夫
自己理解

モチベーションを維持するために目標勾配と双極割引を理解しよう

何を始めるにもモチベーションが維持できなければ、継続するのは難しいものです。 理屈では「やらなきゃいけない」「やったほうが良い」とわかっていても実践出来ない人も多いのではないでしょうか。 そんなモチベーションの上げ方や維持の仕方を紹介していきます。
目標と計画の立て方

MACの法則とは?心理学を応用した科学的に効果的な目標設定

正しい目標設定MACの原則(法則)を知っていますか?この記事を読めばマック・テクニックが身に付き目標達成率を飛躍的に向上させる事ができます。
自己理解

受動ストレスの恐怖!人はネガティブな情報に7倍も反応する

受動ストレスという言葉をご存知ですか? ストレスを感じている人や映像をみると人に感染するという意味で、ポジティブな事に比べてネガティブな事は7倍も感染力が高いそうです。 このページでは受動ストレスの害や避け方について説明しています。
自己理解

「小さな習慣」から学ぶ挫折しない習慣化の科学

新しい習慣を身につけたいと思っても、3日坊主で終わってしまい続けられない事がたくさんあります。これまで私達は挫折の原因を「自分の意志の弱さ」だと勘違いしていましたが、脳科学の視点から見直し「確実に継続し、確実に習慣化していく方法」をこの記事で学ぶ事ができます。
目標と計画の立て方

if-thenプランニングを使って習慣的行動を変えていこう

人は1日の50%以上の時間を習慣的な行動で過ごしています。常に時間に追われている人は、ついついやってしまいがちな自分の行動パターンを見直す必要があります。最も効率的なのがif-thenプランニングで、具体的な例を出しながら説明します。